スイスSEBA銀行、香港で暗号資産事業の完全認可ライセンス取得

SEBA銀行が香港で完全認可ライセンス取得

スイスのデジタル資産銀行であるセバ銀行(SEBA Bank)の子会社セバ香港(SEBA Hong Kong)が、香港証券先物委員会(SFC)から、暗号資産関連サービスを運営するためのライセンスについて、完全認可を得た。セバ銀行が11月8日発表した。

このライセンス完全認可によりセバ香港は、同地区で規制対象となるあらゆる証券の取引と販売活動が行えるようになったとのこと。

その活動には、暗号資産を原資産とする店頭デリバティブや仕組み債などの商品や、暗号資産関連商品を含むすべての証券の取引・販売、そして証券および暗号資産に関する投資助言などがあるという。

これによりセバ銀行は、伝統的証券と暗号資産両方における資産運用を行うための規制対象業務が香港にて許可されたとのことだ。

セバ銀行によると、企業財務・ファンド・ファミリーオフィス・富裕層の個人を含む適格機関投資家やプロ投資家は、8日よりセバ香港が提供するサービスが利用できるとのことだ。

なおセバ銀行は今年8月、SFCより同ライセンスにおける原則認可(AIP)を取得していた。その際同行は、2023年第4四半期までに完全認可のライセンスを取得する予定だとしていた。

またセバ香港は、2023年第4四半期までに完全認可のライセンスを取得する予定だという

関連ニュース

参考:SEBA銀行
images:iStocks/namaki

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored