フランス銀行が中銀デジタル通貨の実験レポート公開、ホールセール型CBDCの有用性を報告

ホールセール型CBDCがクロスボーダー決済を改善

仏中央銀行のフランス銀行(Banque de France)が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実験から得た知見を報告するレポートを7月21日公開した。

そのレポートでは、ホールセール(金融機関などの大口業務)型CBDC(wCBDC)により、クロスボーダー決済をはじめとする決済の完結性と安全性を改善できるため、幅広い資産の安全性を改善できると報告されている。

同実験を通じてフランス銀行は、分散型台帳技術(DLT)上で直接ホールセール型CBDC(wCBDC)を発行するための3つの概念(相互運用・流通・統合)モデルを構築したという。なおこれらの概念モデルには、資産のトークン化、クロスボーダー取引の改善などの実用化を試すため、様々なタイプのDLTが使われたとのことだ。

政策と技術の両面での要点を報告

フランス銀行は、この実験により得られた政策的要点と技術的要点をあわせて8つ報告している。

政策的要点として、「ホールセール型CBDCは、リテール(個人や企業)決済とホールセール決済の両方における中央銀行貨幣の価値を確保し、異なる形態の民間貨幣間の相互交換性を確保することで、貨幣の単一性に貢献する」、「国際協力と官民パートナーシップは、よりグローバルに包括的で相互運用可能なホールセール型CBDCの枠組みに向けて収束するための優先課題であること」、「相互運用性は、DLTベースのインフラと従来のインフラとの間のシームレスなデータ交換・取引を確保するために優先されるべきである」、「気候関連の懸念は、ホールセール型CBDCの設計においてエネルギー効率の高いソリューションを開発する必要性を明確に示している」と報告されている。

また、技術的要点としては「DLT関連技術の進化は、中央銀行がホールセール型CBDCの管理を維持するための様々な手段を提供する」、「中央銀行は、技術的に中立である一方、共通基準の採用に積極的に貢献すべきである」、「DLTは貿易と取引後の活動の一貫した処理を強化し、全体的な金融の安定に貢献する可能性がある」、「DLTの分析及び運用の枠組みを構築する我々の努力を前進させるためには、国内及び国際レベルでの継続的な実験が不可欠」だとフランス銀行は報告した。

フランス銀行はこれら実験を通し、「ホールセール型CBDCは、非上場金融資産に分類され、既存サービスでは決済できないネイティブなデジタル資産やトークン化された資産にとって重要な役割を果たすだろう」と決定づけている。

フランスにおけるCBDC実験のあゆみ

フランス銀行は2020年3月にCBDC実験プログラムを開始。同年5月には、4,000万ユーロ(当時約47.6億円)のカバードボンド(債権担保付き社債)のためにイーサリアム(ETH)上でソシエテジェネラルズフォージ(Societe Generale’s Forge)とホールセールCBDCテスト取引を完了した。

また同年7月には、CBDCの実験パートナーとして、Accenture(アクセンチュア)、Euroclear(ユーロクリア)、HSBC、Iznes(イズネス)、LiquidShare(リキッドシェア)、ProsperUS(プロスパーユーエス)、Seba Bank(セバ銀行)、Societe Generale’s Forge(ソシエテジェネラルズフォージ)の8社を選出したことを報告している。

2021年1月には、総額200万ユーロ(当時約2.5億円)のCBDCによる銀行間決済に成功していた。

関連ニュース

フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功

フランス銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)実験のパートナーに、アクセンチュア、HSBCなど8社を選出

フランス銀行がデジタルユーロのテストを完了

日銀が「CBDCフォーラム」設置、参加企業にコインチェックやアスター渡辺創太のスターテイルら選出

NY連銀と米大手金融機関ら、CBDCの概念実証でブロックチェーン上の決済成功を報告

参考:フランス銀行レポート
デザイン:一本寿和
images:iStocks/frederique-wacquier

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ