ChatGPTサム・アルトマンらの「Worldcoin」、独自トークン「WLD」を販売開始か=報道

Worldcoinの独自トークン「WLD」が本日販売開始か

Worldcoin(ワールドコイン)が、独自トークン「ワールドコイン(WLD)」を本日7月24日に販売開始する予定だと、メディアSemafor(セマフォー)が報じた。このことは事情に詳しい関係者の証言として報じられている。

関係者によると「WLD」配布の内訳などのトークンエコノミクスも同日に発表されるとのことだ。

またWuBlockchain(ウーブロックチェーン)の報道によると、海外暗号資産(仮想通貨)取引所OKXが、ERC20とOptimism(オプティミズム)上の「WLD」についてのページを開設したとのことだ。

ワールドコインの公式ツイッターアカウントは「It’s time. 24.7.23(時が来た。2024年7月23日)」とだけ、日本時間の本日AM1:00にツイートしている。ちなみにこのツイートの画像では「It’s time. Join us July 24」となっている。

また記事執筆時点(7.24 14:30)において日本から「World App」を起動すると、同じく「It’s time. Join us in World App. July 24, 2023 5pm」と表示がされる。そして現状アプリはここから立ち上がらなくなっている。

なおWorldcoinは20日、システムの主要部分をポリゴン(Polygon)ネットワークからイーサリアムレイヤー2ネットワークのOptimismメインネット上へ移行したことを発表していた。

この移行対応により「World App」起動時にオプティミズムへの移行が促されていたが、現在は上記のとおり移行対応ができなくなっている。

「Worldcoin」は、AIチャットボットサービス「ChatGPT」などの人工知能で知られるOpenAIの創業者サム・アルトマン(Sam Altman)氏が、物理学者のアレックス・ブラニア(Alex Blania)氏と共に開発を進めるプロジェクト。

「Worldcoin」は「オーブ(Orb)」と呼ばれるボール状のデバイスで網膜をスキャンし、各人それぞれの虹彩の特徴をデジタルコードに変換することで個人を識別する「World ID」を発行する。現在このスキャンは無料ででき、スキャンしたユーザーは現在無料の暗号資産「Worldcoin(WLD)」を受け取れる。この「WLD」の配布により、ベーシックインカム実現も計画されているという。

関連ニュース

参考:Semafor
デザイン:一本寿和
images:iStocks/digitalmazdoor-digitalmazdoor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored