フランス銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)実験のパートナーに、アクセンチュア、HSBCなど8社を選出

フランス銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)実験のパートナーに、アクセンチュア、HSBCなど8社を選出

フランスの中央銀行のフランス銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)のソリューションを広範囲にわたってテストするために8社を選出したことを明らかにした

その8社はAccenture(アクセンチュア)、Euroclear(ユーロクリア)、HSBC、Iznes(イズネス)、LiquidShare(リキッドシェア)、ProsperUS(プロスパーユーエス)、Seba Bank(セバ銀行)、Societe Generale’s Forge(ソシエテジェネラルズフォージ)となっている。

この8社から提案されたテスト実験は、中央銀行のための金融商品(暗号資産を除く)を交換する新しい方法を模索すること、クロスボーダーの支払いを実施するための条件を改善すること、デジタル中央銀行のお金の規制をテストすること、中央銀行のお金を利用できるようにするための取り決めを再検討することなど4つがあげられている。

編集部のコメント

2020年5月にフランス銀行は、4000万ユーロのカバードボンド(債権担保付き社債)のためにEthereum上でSociete Generale’s ForgeとホールセールCBDCテスト取引を完了したとも伝えています。フランス銀行は着実にCBDCの研究・開発を進めています。メインネットローンチに向けたパートナー選定も順調に進んでいるようで、ヨーロッパの主要経済大国の中で、最も早いローンチ国となるかもしれません。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

images::iStock/VectorHot・stockdevil)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーがBTC/JPYペアの欧州・日本間クロスボーダー取引開始、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のBC電子証明アプリと統合などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

bitFlyerがBTC/JPYペアの欧州・日本間のクロスボーダー取引開始を発表、韓国NH農協銀行が韓国政府中央機関のブロックチェーン電子証明アプリと統合を発表、米コインベース(Coinbase)がCosmos(ATOM)のステーキング対応、サムスンSDSがブロックチェーン活用の医薬品向け流通履歴管理のパイロットプロジェクトを計画

EYがEY OpsChain Network Procurement発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引開始、バイナンスがVenus Protocol発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

監査法人EYがパブリックブロックチェーンを活用したグローバルな調達ソリューション「EY OpsChain Network Procurement」を発表、コインチェックがイーサリアムクラシックの板取引サービス開始、バイナンスが新たなDeFiプロジェクト「Venus Protocol」を発表、ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの規制当局が暗号資産(仮想通貨)を取り扱う企業に対して顧客情報の提出を要求

ニュージーランドの国税管理機関である内国歳入庁(IRD)がニュージーランド国内の暗号資産(仮想通貨)取り扱い企業に対して顧客情報の提出を求めていることがわかった。ニュージーランドの現地メディアであるRadio New Zealand(RNZ)が報じた。