PayPal(ペイパル)がステーブルコイン発行会社Paxos(パクソス)と提携か

PayPal(ペイパル)がステーブルコイン発行会社Paxos(パクソス)と提携か

米決済大手のPayPal(ペイパル)がPayPalユーザーに暗号資産(仮想通貨)の売買機能を提供するために、ステーブルコインを発行する信託会社Paxos(パクソス)と提携することをCoinDeskが7月20日に報じた。

CoinDeskによると、この情報は2人の関係者から得たものであり、PayPalからの正式な発表は早ければ今週中に行われるとのことだ。PayPalがどのような暗号資産を扱うかなどの詳細な情報についてはまだ明らかではない。

なおCoinDeskが両社に問合せを行ったところ、回答は得られなかったようだ。

編集部のコメント

Paxosはニューヨークを拠点とする信託会社で、ニューヨーク州金融サービス局に承認を受けたドルペッグのステーブルコインPAXの発行や暗号資産取引所itBitの運営などを行っています。他にも金と連動するステーブルコインPaxos Goldやバイナンスと提携して開発したステーブルコインBUSDなど、目的に合わせたステーブルコインの発行を行っています。またPaxosは今月15日に企業のアプリケーション内での暗号資産売買機能を追加するAPIベースの製品「Paxos Crypto Brokerage」を発表しています。これによりユーザー企業は簡単に自社アプリケーション内に暗号資産の売買機能を導入することができるようになるとのことです。

なお6月22日にもPayPalの暗号資産事業参入への動きを関係者筋からの情報として、CoinDeskは報じています

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ」にHashpalette、ピクスタ、PocketRD、Ridgelinezが入会

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)」が同協会に株式会社Hashpalette、ピクスタ株式会社、株式会社PocketRD、Ridgelinez株式会社の4社が、新たにに入会したことを4月20日発表した。今回の新規入会により会員企業は15社に拡大した

日本企業初、DeFiレンディングプロトコル「Compound」よりtechtecがグラント獲得

教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、DeFiレンディングプロトコル「Compound(コンパウンド)」の開発を主導するCompound Labsよりグラントを獲得したことを4月20日発表した

カナダでイーサリアムETF承認、中国人民銀行副総裁の発言などなどのニュース解説ラジオ

「ビットコインの役割は投資ツールになることだ」中国人民銀行副総裁の発言、カナダにて初のイーサリアムETFが3件承認、企業評価額は約8,141億円、Dapper Labsが新たに資金調達か、NFTデータプラットフォームCryptoSlam、著名投資家マーク・キューバン氏などから資金調達、バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン数量が過去最大金額を更新、コインベース、イーサリアム2.0のステーキングサービス開始、【速報】ディーカレットが暗号資産現物取引サービス開始、アフィリエイトプログラムも公開