ニュース

ニュースカテゴリに紐づく記事の一覧です

Gaudiy(ガウディ)と慶応大学坂井豊貴教授が共同でブロックチェーン上に発行したコンテンツを販売するための新オークション方式「Gaudiy-Sakai方式」を開発

株式会社Gaudiy(ガウディ)が市場設計の第一人者である慶応義塾大学教授の坂井豊貴氏と、デジタルコンテンツの販売に適した新オークション方式を共同で開発したことを7月21日発表した。

ユニセフとStaTwig(スタ・トゥイグ)がブロックチェーンを活用したコロナウイルスワクチンのサプライチェーン管理システムの構築・テスト実施とWEFが発表

World Economic Forum(WEF:世界経済フォーラム)が、コロナウイルスのワクチンを世界で流通させるためにブロックチェーンが有用であることをレポート「How the massive plan to deliver the COVID-19 vaccine could make history – and leverage blockchain like never before」で発表した。レポートによるとユニセフ・イノベーション・ファンドとブロックチェーン開発企業StaTwig(スタ・トゥイグ)がブロックチェーンベースでコロナウイルスのワクチン・サプライチェーン管理プラットフォームを構築しているとのこと。この目的は、国、州、地区レベル、そしてサプライチェーンのさまざまな段階で、すべての利害関係者がすべてのワクチンを完全に可視化できるようにするためとのことだ。 

三井住友銀行が貿易取引のデジタル化に向けブロックチェーンプラットフォーム「Contour」と「Komgo」へ参加

三井住友銀行がブロックチェーン技術を活用した貿易プラットフォームの「Contour (コントール)」のパイロットプログラムとKomgoSAの開発する「Komgo(コムゴ)」の2つのコンソーシアムへ参加するためのメンバーシップ契約を締結したことを発表した。

PayPalがステーブルコイン発行のPaxosと提携か、フランス銀行が中銀デジタル通貨実験にアクセンチュアら8社選出、AntGroupが上海、香港証券取引所でIPO計画かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

PayPal(ペイパル)がステーブルコイン発行会社Paxos(パクソス)と提携か、フランス銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)実験のパートナーに、アクセンチュア、HSBCなど8社を選出、AlipayのAnt Groupが上海、香港証券取引所でIPOを計画か、日銀が中央銀行デジタル通貨(CBDC)検討のためグループを新設

北京市が政府サービスにおけるBC活用に関する報告書を発表、Braveが日本のNPO法人と提携し独自機能により活動を支援、タイ中央銀行がCBDCを大企業との取引に利用などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

北京市政府が政府サービスにおけるブロックチェーン活用に関する報告書を発表、Brave(ブレイブ)が日本のNPO法人みんなのコードと提携し独自機能により活動を支援、スペインの国家決済システム運営企業Iberpay(イバーペイ)が銀行保証に関するPoC完了を発表、タイの中央銀行がデジタル通貨(CBDC)を大企業との取引に利用

スイスSEBA銀行が機関投資家向けに金融商品をトークン化、英ユニコーンRevolutが米国進出を目指しPaxosと提携、doublejump.tokyoがTorus Labsと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

スイスのSEBA銀行が機関投資家向けに金融商品をトークン化、イギリスのユニコーン企業Revolut(レボリュート)がアメリカ進出を目指しPaxos(パクソス)と提携、ブロックチェーンゲーム開発会社のdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)がSNSログイン可能なイーサリアムウォレットを開発するTorus Labs(トーラスラボ)と提携

スイスのSEBA銀行が機関投資家向けに金融商品をトークン化

スイスのSEBA銀行が、Digital Asset Shared Ledger (DASL)と提携することを発表した。DASLは主に機関投資家向けに、デジタル資産と従来の金融資産をシームレスで安全かつ使いやすい形でつなぐネットワークだ。DASLは金融商品の発行、移管、ポートフォリオ管理、アセット・サービシング、清算・決済などのサービスを提供している。

イギリスのユニコーン企業Revolut(レボリュート)がアメリカ進出を目指しPaxos(パクソス)と提携

イギリスのフィンテック企業であるRevolut(レボリュート)が、アメリカPaxos Crypto Brokerage(パクソスクリプトブロカレッジ)と提携し、アメリカでの暗号資産取引サービスの提供を目指すことが明らかになった。リテール向けのサービスとして提供されていく予定とのこと。

BraveにGeminiの暗号資産取引機能が追加、英Everledgerが資金調達とPFアップグレード、TAOTAOとGMOコインが「Polarify eKYC」を採用し顧客へ提供開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Brave(ブレイブ)にGemini(ジェミナイ)の暗号資産(仮想通貨)取引機能が追加、英Everledger(エバーレッジャー)が資金調達とプラットフォームアップグレードの発表、米エネルギー省が電力網のセキュリティへのブロックチェーンの活用を研究するInfoBeyond Technologyのプロジェクトに100万ドルの助成金、TAOTAOとGMOコインが「Polarify eKYC」をオンライン本人確認サービスに採用し顧客へ提供開始

TAOTAOとGMOコインが「Polarify eKYC」をオンライン本人確認サービスに採用し顧客へ提供開始

TAOTAO株式会社が自社で運営する暗号資産(仮想通貨)取引所において「スマホでかんたん本人確認」を7月15日より提供開始した。また同日、GMOコイン株式会社も自社の暗号資産取引所において「かんたん本人確認」の提供を開始した。これらはどちらもオンライン上で本人確認を行う「eKYC(electronic Know Your Customer)」サービスだ

米エネルギー省が電力網のセキュリティへのブロックチェーンの活用を研究するInfoBeyond Technologyのプロジェクトに100万ドルの助成金

米国エネルギー省(U.S. Department of Energy:DOE)が、ソフトウェア企業InfoBeyond Technology LLCのセキュリティへのブロックチェーンの活用を研究するプロジェクトに108万ドル(約11億円)の助成を行ったことを発表した

英Everledger(エバーレッジャー)が資金調達とプラットフォームアップグレードの発表

イギリスのEverledger(エバーレッジャー)社が、イギリス政府が運営するFuture Fund(フューチャーファンド)と中国のテック企業Tencent(テンセント)から合計700万ドル(約7億4800万円)の融資を受けたことを発表した。今回の資金調達は短期ローンの一種であるブリッジローンだ。そして同様のタイミングで同社は、COVID-19が大流行する中、ダイヤモンド産業の復興を支援するためEverledgerプラットフォームのアップグレードを発表した。

日本政府と日銀が中銀デジタル通貨発行へ本腰か、R3のCEOが社債テクノロジーベンチャーを立ち上げ、GaudiyがBC利用のデータ所有型電子書籍の実証実験を今夏開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

日本政府と日本銀行が中銀デジタル通貨(CBDC)発行へ本腰か、R3のCEOが新たに社債テクノロジーベンチャー立ち上げを発表、Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始、Binance(バイナンス)がヨーロッパ、イギリスでBinance Cardの正式展開を発表、イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

(コメント追記:株式会社Gaudiy 担当者 小川哲也氏)Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始

株式会社Gaudiyがマンガアプリ「GANMA!(ガンマ)」を手がけるコミックスマート株式会社と業務提携したことを7月14日に発表した。この提携により両社はブロックチェーン技術を利用した、ユーザーがデータを所有することのできる新しい電子書籍事業を共同で推進するとのこと。

イングランド銀行総裁が中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行検討について発言

イングランド銀行(Bank of England:BOE)の総裁である総裁のAndrew Bailey(アンドリュー・ベイリー)氏が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行について検討をしているという発言をしたことが、7月13日にブルームバーグが報じた。このベイリー総裁の発言は13日に行われた学生とのウェビナーイベントにて述べられたものだ。

Binance(バイナンス)がヨーロッパ、イギリスでBinance Cardの正式展開を発表

Binance(バイナンス)がヨーロッパ地域とイギリスでのBinance Cardの正式展開を発表。この発表によって、BinanceユーザーはBTC(ビットコイン)、BNB(バイナンストークン)、SXP(スワイプトークン)、BUSD(バイナンスUSD)を世界200の地域、6,000万以上の加盟店で法定通貨に変換して使用できるようになるとのこと。

MUFGが独自デジタル通貨を20年下期に発行か、シンガポール通貨庁がJP MorganのBC活用のマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

三菱UFJが独自デジタル通貨「coin」を2020年下期に発行か、シンガポール通貨庁(MAS)がJP Morganのブロックチェーン技術を活用したマルチカレンシー決済ネットワークのプロトタイプテスト完了を発表、コインチェックがBAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いを開始へ、(担当者取材コメントあり)メタップスアルファが世界初となるクレジットカードを用いた⽇本円によるデジタルアイテム(NFT)の決済機能をリリース、米国SECとCFTCがトークン化株式投資プラットフォームAbraを摘発