【選定理由追記】ビットバンクが暗号資産ベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを3月17日より開始

ビットバンクが暗号資産ベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱いを3月17日より開始

ビットバンク株式会社が同社運営の暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankにてベーシックアテンショントークン(BAT)の取扱い開始を3月10日に発表した。

なおビットバンクの新規通貨上場は1月より取り扱いを開始をしたクアンタム(QTUM)以来となる。

bitbankでのベーシックアテンショントークン(BAT)の取り扱い開始は3月17日を予定しており、現物取引所の取扱いペアにBAT/JPYとBAT/BTCが追加されるとのことだ。

bitbankの取り扱い暗号資産はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTUM)にベーシックアテンショントークン(BAT)が加わり、合計で9銘柄となる。

またビットバンクではベーシックアテンショントークン(BAT)の取扱いを記念して、BAT/JPYおよびBAT/BTCの取引手数料無料キャンペーンを3月17日から6月18日までの期間にて開催するとのことだ。

編集部のコメント

BATはブロックチェーン技術を活用した次世代型の分散型ブラウザ「Brave」上で流通するERC-20規格の暗号資産です。

 「Brave」は個人データを収集するような広告をブロックする機能「BRAVE SHIELDS」をもつブラウザで、広告をブロックすることでブラウザが軽くなるという利点がある他、広告主はBATを使用することでBrave上に広告を掲載することができ、ユーザーはその広告を閲覧することで対価としてBATを取得することもできます。

またBrave上のコンテンツクリエイターを支援する目的で投げ銭にも使用することができます。

ただし現在日本では法律の問題で日本国内のユーザはBATは獲得できず、その代わりにBAPというポイントが獲得できる仕組みになっています。なお現時点ではBATとBAPは交換することができない仕組みになっています。

ビットバンク事業開発部のコメント

2021.3.11 15:00追記

あたらしい経済編集部はビットバンク株式会社の事業開発部へ今回のBAT取り扱い開始について、その選定理由を聞いた。

ビットバンク事業開発部:BATは、Brave Softwareによって開発された次世代ブラウザ「Brave」を通じて利用できるユーテリティトークンとして、国内外の取引所で広く取扱いが行われています。

デジタル広告業界におけるユーザー、パブリッシャー、広告主が持つそれぞれの課題を、BATを通して解決していくという点に期待するとともに、多くの方にBATを知って頂きたいという思いで選定を行いました。

編集部のコメント:大津賀新也(あたらしい経済)

参考リンク:ビットバンク

(imaes:iStocks/Ninja-Studio)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ