英テクノミュージシャン、エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)がNFT販売

英テクノミュージシャン、エイフェックス・ツインがNFT販売

イギリスのテクノミュージシャン、エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)、本名リチャード・D・ジェームス(Richard D. James)が、NFTプラットフォーム「ファウンデーション(Foundation)」でNFT作品を3月13日に販売を開始した

オークション形式で販売されていて、3月15日朝9時時点で65ETHとなっている。

この作品は、「/afx\/weirdcore\<blockscanner>」と題され、アーティストの顔をグリッチなアニメーションで表現したもので、エイフェックス・ツイン氏のディスコグラフィーのカバーアートにも登場するモチーフだ。

エイフェックス・ツイン氏は「落札額の一部は、木を植えたり、パーマカルチャー・プロジェクトに寄付したり、あるいは自分たちでパーマカルチャープロジェクトを立ち上げることに使いますが、落札額に応じて使います」とツイートしている。

編集部のコメント

ファウンデーションはクリエイティブな表現に投資し、先見性のあるアーティストを支援し、インターネット上のクリエイティブなコミュニティをつなぐためのより良いシステムを作ることを目的として運用されています。

主要なチームメンバーは過去10年間にわたって、暗号資産業界に携わってきているようです。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

参考:/afx\/weirdcore\<blockscanner>

(images:iStocks/Aleksei_Derin)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored