デジタルカレンシーグループが子会社グレースケールのビットコイン投信株式を2億5000万ドル分購入へ

デジタルカレンシーが子会社グレースケールのビットコイン投信株式を2億5000万ドル分購入へ

米暗号資産(仮想通貨)系ベンチャーキャピタルであるデジタル・カレンシー・グループ(DCG)が同社の子会社である暗号資産運用会社グレースケール(Grayscale)の金融商品であるグレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の株式を最大で2億5000万ドル(約270億円)分購入する計画を3月10日に発表した。

プレスリリースによると、DCGは購入資金に手元の現金を使用し、証券取引所法に準拠して公開市場でGBTCを直接購入するとのこと。

GBTCは公開市場で取引される株式であり、適格投資家から調達した資金でビットコインを買い入れる仕組みとなっているため、その価格はビットコインの市場価格を反映している。

しかしDCGの子会社である米ブロックチェーンメディアCoinDeskによると、直近数週間のGBTCの価格はビットコインの価格とは乖離しており、信託で保有しているビットコインの価格よりも割安価格でGBTCが取引されているとのこと。そこでGBTCの発行済み株式数を減らしながら株式への需要を創出し価格を上昇させることを目的として、DCGが株式の買戻しを行うとのことだ。

なおグレースケールはGBTCがビットコインの市場価格を15%下回る価格で取引されたのち、GBTCの新規受付を停止している。

編集部のコメント

デジタル・カレンシー・グループ(DCG)は2015年に設立された暗号資産系のベンチャーキャピタルです。現在175社以上のブロックチェーン関連企業の支援を行っており、子会社にはジェネシス(Genesis)、グレースケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)、コインデスク(CoinDesk)、ファウンドリー(Foundry)、ルノ(Luno)があります。

グレースケール・インベストメンツは2013年に設立された暗号資産運用会社です。適格投資家に向けて、従来の証券と同様の形で暗号資産へのアクセスを提供しており、現在421億ドル(約4.5兆円)以上の資産を運用しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

参考リンク:DCG ・ CoinDesk

(imaes:iStocks/KrulUA・LongQuattro)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み