BeepleのNFTアートがクリスティーズで約75億円で落札、デジタルアート史上最高額

BeepleのNFTアートがクリスティーズで約75億円で落札

デジタルアーティストのビープル(Beeple)のNFTアート作品「Everydays – The First 5000 Days」が、クリスティーズのオンラインオークションで約75億円(約6,935万ドル)で落札された。そしてオークションの最大視聴者数は2,200万人だった。

出典:クリスティーズ公式サイト

ビープルのオンラインオークションでのアート販売額は、現存アーティストのオークション記録第3位で、デジタルアート作品の過去最高額、オンラインのみのオークションでの過去最高額、と3つの新たな記録が生まれている。

販売額の約75億円のうち、約9億7,000万円(約900万ドル)はクリスティーズに支払われるプレミア料(手数料)となる。このオークションでは作品の元本はイーサ払いが可能となっている。つまり、約65億円はイーサ払い対応となる。プレミアム料の約9億7,000万円はドル払いのみだ。

ニューヨークのクリスティーズでポストウォー&コンテンポラリーアートのスペシャリストを務めるノア・デイビス氏は「クリスティーズは、これほどの規模や重要性を持つニューメディアアート作品を提供したことはありませんでした。

ビープルの作品を手に入れることは、世界有数のデジタルアーティストが制作したブロックチェーンそのもののエントリーを所有するまたとない機会となります」とコメントしている。

参考:クリスティーズ公式サイト

(images:iStocks/DragonTiger)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達