#トークンエコノミー

堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、「FiNANCiE」で第2回ファンディング

エンタメDAO(自律分散型組織)プロジェクト「SUPER SAPIENSS(スーパーサピエンス)」が、「FiNANCiE」で第2回となるファンディング(追加トークン発行)を開始したことが7月1日分かった。今年1月の初回トークン発行以来のファンディングとなる。FiNANCiEでは初期トークン販売終了後、オーナーやプロジェクトが追加で支援を募りたい際に、トークンを追加販売できる仕組み(クラウドファンディング)がある。

陸上競技とweb3、「TWOLAPS」がトークンで変えるファンとの距離(月刊フィナンシェ 2022年6月号)

6月号は、「FiNANCiE」でクラブトークンを発行する、陸上競技中長距離に特化したトラッククラブ「TWOLAPS」から、コーチの新田良太郎氏と、「TWOLAPS」でコーチングを受けながらコミュニティ運営に携わる慶應大学4年生の細井衿菜氏、フィナンシェのコミュニティマネジメント担当 吉川文弥氏をゲストにお迎えし、「TWOLAPS」の取り組みについて語っていただきました。

Sponsored

ポルトガル「SLベンフィカ」とインドネシア「ペルシブ」、「Socios. com」でファントークン発行へ

ポルトガルのプロサッカーリーグ「プリメイラ・リーガ」加盟の「SLベンフィカ(SL BENFICA)」と、インドネシアのプロサッカーリーグ「リーガ1」の「ペルシブ(PERSIB)」が、ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」で、ファントークンを発行することが分かった。

エンタメDAO「SUPER SAPIENSS」の共創コミュニティとは?(月刊フィナンシェ 2022年5月号)

2022年5月号は、エンタメDAO「SUPER SAPIENSS(スーパーサピエンス)」から、ボードメンバーの成瀬拓也氏と株式会社フィナンシェのマーケティング・コミュニティマネジメント担当の大西一敏氏をゲストにお迎えし、「FiNANCiE」最新新情報や、「FiNANCiE」のサービスについて、そして「SUPER SAPIENSS」について語っていただきました

Sponsored