チリーズ「Socios. com」、アメフトNFL加盟13チームと提携

チリーズ「Socios. com」、アメフトNFL加盟13チームと提携

ファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」を運営するチリーズ(Chiliz)が、アメフトNFL13チームとパートナーシップを締結したことが4月14日分かった。

チリーズが米アメフトプロリーグNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)加盟のチームと提携するのは、11月に提携した「ニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)」以来となり、今回の発表でNFL加盟全32チーム中14チームが提携したことになる。

ソシオスドットコムのツイッターでは、今回チリーズが提携したNFL加盟チームの拠点である13都市が動画で公開されている。

提携したチームは「アトランタ・ファルコンズ(Atlanta Falcons)」、「ボルチモア・レイブンズ(Baltimore Ravens)」、「シカゴ・ベアーズ(Chicago Bears)」、「クリーブランド・ブラウンズ(Cleveland Browns)」、「ロサンゼルス・チャージャーズ(Los Angeles Chargers)」、「ロサンゼルス・ラムズ(Los Angeles Rams)」、「マイアミ・ドルフィンズ(Miami Dolphins)」「ニューヨーク・ジャイアンツ(New York Giants)」、「フィラデルフィア・イーグルス(Philadelphia Eagles)」「ピッツバーグ・スティーラーズ(Pittsburgh Steelers)」、「サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(San Francisco 49ers)」、「タンパベイ・バッカニアーズ(Tampa Bay Buccaneers)」「ワシントン・コマンダーズ(Washington Commanders)」となっている。

なお今回提携したチームのファントークン発行についての詳細は明らかになっていない。

「Socios.com」とは

「Socios.com」はチリーズのブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができるプラットフォームだ。

チリーズは昨年8月、NBA加盟の7チームと7日間に渡り連続提携する取り組みを行っている。なお現在「Socios.com」と提携するNBAチームは全30チームのうち28チームとなっている。またNBAだけでなく、欧州のプロサッカーリーグのチームとも提携を行いファントークンを発行している。既にチリーズと提携したスポーツ組織は26ヵ国130を超えており、北米ではNHLに加盟するホッケーのチームや総合格闘技団体のPFLとUFCとの提携、韓国やインドのスポーツチームとの提携など国・ジャンルを問わず展開を進めている。

関連ニュース

チリーズ「Socios. com」、NFLとMLSのチームと初提携

チリーズ「Socios .com」がモバイルゲームをローンチへ、ファントークン保有者向け

メッシ、チリーズ「Socios .com」グローバルブランドアンバサダーに

チリーズ「Socios .com」、NBA「トレイルブレイザーズ」と提携。残り2チームでNBA全チームに

サッカーUEFAがファントークン発行へ、チリーズ「Socios .com」と提携

参考:チリーズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/gorodenkoff

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催