関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

「アルテリーヴォ和歌山」がFiNANCiEでトークン発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」で、関西サッカーリーグ1部所属「アルテリーヴォ和歌山」がトークン発行と販売を開始したことが6月27日分かった。

「アルテリーヴォ和歌山」は和歌山県和歌山市を本拠地とし、JFL(日本フットボールリーグ)昇格を目指している社会人サッカークラブだ。

アルテリーヴォ和歌山はトークン発行により、全国の舞台を目指したチームの強化、およびスポーツを通じた地域の発展のために、サポーターと共創してプロジェクトや企画を推進していくという新たなチャレンジを行うとのこと。

また初期サポーター限定のプロジェクト第1弾として、テレビ和歌山の協力のもと、テレビ和歌山で放送予定の「FOR SMILE CM」を制作することが決定しているという。

なお今回FiNANCiE上で発行されるクラブトークンは「アルテリーヴォトークン」として販売されるとのことだ。

「アルテリーヴォトークン」購入者は特典として、クラブ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるという。

現在発表されている投票企画案として、「新作グッズの企画」や「チームオリジナルグッズ投票」、「ポスターデザイン投票」、「リーフレット掲載選手投票」、「毎試合のMOM投票」があり、また抽選特典案として「スタジアムMC体験」や「キックインセレモニーへの参加権利」、「キックオフ前集合写真への参加権利」がある。

トークンの初回販売期間は6月27日11時から8月10日21時の予定だ。

なお「アルテリーヴォトークン」の販売メニューは全10種類が用意されており、それぞれで獲得できるトークンと特典が異なる。

最高額となる2,500,000ptのメニューでは、1,000,000pt分の「アルテリーヴォトークン」付与に加え、「2023シーズンユニフォームへのロゴ掲載」や「アルテリーヴォ和歌山HPに企業名(or個人名)掲載」、「FOR SMILE CM 製作参加権」などがある。なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。

あたらしい経済編集部は今回の取り組みに関して、アルテリーヴォ和歌山GMの児玉佳代子氏より以下のコメントを得た。

『この度、アルテリーヴォ和歌山は「FiNANCiE」にてトークン発行型クラウドファンディングを開始することとなりました。私たちはサッカーを通して和歌山の魅力を発信し人々の笑顔をつなぐアクションを大切にしています。その思いをご理解いただき、支えてくださった方々や、ここから繋がる皆様と共に、互いにハッピーで持続可能なもう一つ上の繋がりを築いてまいりたいと考えています。新しい歴史を作るこのプロジェクトに是非ともご参加ください』

関連ニュース

松井大輔選手も所属のY.S.C.C.横浜フットサル、FiNANCiEでトークン発行

関西サッカーリーグ1部「FC. AWJ」、FiNANCiEでトークン発行

メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ

バイナンス、公式ファントークン第4弾はF1チームのアルピーヌ

アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored