テザー、USDT準備金からコマーシャルペーパーを完全削除

テザー、USDT準備金からコマーシャルペーパーを完全削除

米ドルペッグのステーブルコインUSDTを発行するテザー(Tether)社が、USDTの準備金に占めるコマーシャルペーパーの割合をゼロにしたことを10月13日に発表した。コマーシャルペーパーとは企業が発行する無担保の短期債務証券のこと。

USDTは法定通貨担保型のステーブルコインコインであり、発行量と同等の資産を準備金として確保することにより、対象資産に連動した価格を維持する仕組みとなっている。USDTの準備金は米国財務省短期証券(T-Bill)、コマーシャルペーパー、マネーマーケットファンド、ローン、社債、現金・預金などで構成されていた。

テザー社はかねてより準備金のうちコマーシャルペーパーの割合を減らすことを宣言していた。コマーシャルペーパーはSECの登録を必要とせずに発行することができるため、発行体によってデフォルトリスクが大きく異なる。テザー社は準備金の構成要素のうちコマーシャルペーパーのような不安定な資産からT-Billのような安全な資産へ組み替えを進めていた。

テザー社はUSDTの準備金の内訳について2021年5月から四半期ごとの証明書を公開している。2022年8月に公開された6月末日付のレポートによると、準備金のうちコマーシャルペーパーの金額は84億ドルとなっており、準備金全体に占める割合は11.8%となっていた。

その後、9月30日時点でコマーシャルペーパーの金額を5000万ドル以下まで減らし、ついに10月13日にその金額がゼロになったとのこと。これで準備金のうち半分近く(400億ドル)をT-Billが占めることとなった。

テザー社は8月18日に大手監査法人BDOのイタリア法人BDO Italiaと提携し、準備金の報告書を四半期毎ではなく月毎に公開することを発表している。月次報告は年内に開始される予定とのことだ。

関連ニュース

テザー社がトルネードキャッシュ関連アドレスを自発的に凍結せず、サークルの対応を批判

USDTのテザーが準備金の月次報告へ、監査法人BDOイタリアと連携

テザー社、USDTの裏付け資産に関する噂を否定

米国規制委員会トップ、暗号資産やステーブルコイン規制強化の方針

SWIFT、「CBDCクロスボーダー決済」の実験に成功

参考:Tether
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した