USDTのテザーが準備金の月次報告へ、監査法人BDOイタリアと連携

USDTのテザーが準備金の月次報告へ、監査法人BDOイタリアと連携

米ドルステーブルコイン「テザー(Tether)/USDT」を発行するテザーホールディングス(Tether Holdings Limited)が、8月18日に大手監査法人BDOのイタリア法人BDO Italiaを資産準備の保証人に任命し、年内に四半期ではなく月毎に報告書を公開することを目指していることを発表した。

ステーブルコインは、1:1の米ドルペッグなど一定の価値を保つように設計された暗号資産の一種だ。異なる暗号資産間や通常の現金への資金移動に広く利用されている。

テザーホールディングスは、流通するテザーの価値と同等かそれ以上のドル建て準備金を保有することで、その価値を維持していると説明している。これらの準備金は、今年5月にステーブルコイン「TerraUSD」の崩壊を受けて暗号資産市場が急落した後、長い間精査の対象になっており、課題がより顕在化していった。

英領ヴァージン諸島の会社が運営するテザーホールディングスは、会計事務所がその準備金の規模を証明する報告書を公表している。今年3月31日時点の準備金の総額は824億ドル(約11兆円)で、そのうち米国債が390億ドル(約5.3兆円)、コマーシャルペーパーが200億ドル(約2.7兆円)となっている。

直近の2つの報告書は、ケイマン諸島の会社であるMHA Caymanによるものだ。それ以前は、別のケイマン諸島の会社、ムーアケイマン(Moore Cayman)を利用していた。

BDO Italiaは、イタリア拠点の監査法人で、BDOインターナショナルの独立したメンバーファームだ。テザー社の経営陣には、少なくとも2名のイタリア人幹部が含まれている。同社の最高技術責任者のパオロ・アルドイノ(Paolo Ardoino)氏はロイターに対し、ほとんどのチームメンバーはヨーロッパと、大部分の準備金が保管されているバハマに拠点を置いていると語った。

テザーはリリースで「7月にBDO Italyとの協力を開始した」と伝えており、さらに両社の関係は「完全な監査に向けた会社の次のステップである」と説明を付け加えている。

またアルドイノ氏は「私たちのコミュニティは、より大きなものを求めているように感じ、私たちが使っている監査法人を改善するよう時間をかけて求めてきました」と伝えている。

さらにアルドイノ氏は「テザーが保有するコマーシャルペーパーを、今年7月1日の84億ドル(約1.1兆円)から8月末までに2億ドル(約272億円)に減らす」と説明したが、 同氏はこれらの資金が代わりにどの資産に移動したかについて明言しなかった。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
 (Reporting by Elizabeth Howcroft, editing by Sinead Cruise, Emelia Sithole-Matarise and Richard Chang)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored