ユニスワップラボ、Polychainやa16zらから約243億円調達

ユニスワップラボ、Polychainやa16zらから約243億円調達

分散型金融(DeFi)プロトコル「ユニスワップ(Uniswap)」を開発するユニスワップラボ(Uniswap Labs)が、シリーズBラウンドで1.65億ドル(約243億円)を調達したことを10月13日に発表した。

このラウンドはポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)が主導し、a16z crypto、パラダイム(Paradigm)、SV Angel、ヴァリアント(Variant)などが参加した。

なお現在ユニスワップラボは、ウェブアプリと開発者ツールへの投資、NFTサービスの立ち上げ、サービスのモバイル移行などに注力しているとのこと。また今後数年間で少なくとも6000万ドル(約88億円)を各国のプロジェクトに助成していく予定とのことだ。

今年4月にユニスワップラボは、web3ファンド「ユニスワップラボ・ベンチャーズ(Uniswap Labs Ventures)を立ち上げ、MakerDAO、Aave、Compound Protocol、PartyDAO、LayerZero、Ethereum開発者プラットフォームのTenderlyなど11のスタートアップとプロジェクトに投資している。

また6月にはNFTマーケットプレイスアグリゲーターのジーニー(Genie)を買収し、NFT領域にも参入した。

参考:Uniswap Labs
images:iStocks/BadBrother
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も