バイナンス「BNBチェーン」のクロスチェーンブリッジが再稼働、BSCハードフォークで

BNBチェーンの「BSCトークンハブ」が再稼働

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供のBNBスマートチェーン(BNB Smart Chain)が、10月7日に発生したクロスチェーンブリッジのハッキングを受け、アップグレードを12日9:00(UTC)に実施した。

アップグレード後、BNBビーコンチェーン(BEP2)と BNBスマートチェーン(BEP20)間のブリッジプロトコル「BSCトークンハブ」は正常に稼働していることがBNBチェーンから報告されている。また遅延していたステーキング報酬の送金についても、その後に復旧の報告がされている。

今回実施された最新アップグレード「v1.1.16」では「モラン(Moran)」と呼ばれるハードフォークをBNBスマートチェーンで実施し、アップグレードを行ったという。ただし「BSCトークンハブ」を再稼働するための「一時的な緊急パッチ」とのことだ。

バイナンスは7日に「BSCトークンハブ」のハッキングを受け、合計で約5.6億ドル(約830億円)相当となる200万BNBが不正に発行され、そのうち1.1億ドル分が盗難された(そのうち700万ドルは凍結に成功)。またこれを受けバイナンスはBNBスマートチェーンを数時間、一時的に停止する措置を取っていた。

なお今回のハッキングは新たなBNBが不正に発行されたケースであるため、ユーザーの資産には影響がないとアナウンスされている。

関連ニュース

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル

バイナンス、スケーリングソリューション「zkBNB」のテストネットリリース

バイナンスが自社ステーブルコイン「BUSD」に注力か、USDCやUSDPなど取引非対応へ

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

バイナンスがナイジェリアと提携、バーチャル経済特区の設立目指す

参考:BNB Chain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored