バイナンス「BNBチェーン」のクロスチェーンブリッジが再稼働、BSCハードフォークで

BNBチェーンの「BSCトークンハブ」が再稼働

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)提供のBNBスマートチェーン(BNB Smart Chain)が、10月7日に発生したクロスチェーンブリッジのハッキングを受け、アップグレードを12日9:00(UTC)に実施した。

アップグレード後、BNBビーコンチェーン(BEP2)と BNBスマートチェーン(BEP20)間のブリッジプロトコル「BSCトークンハブ」は正常に稼働していることがBNBチェーンから報告されている。また遅延していたステーキング報酬の送金についても、その後に復旧の報告がされている。

今回実施された最新アップグレード「v1.1.16」では「モラン(Moran)」と呼ばれるハードフォークをBNBスマートチェーンで実施し、アップグレードを行ったという。ただし「BSCトークンハブ」を再稼働するための「一時的な緊急パッチ」とのことだ。

バイナンスは7日に「BSCトークンハブ」のハッキングを受け、合計で約5.6億ドル(約830億円)相当となる200万BNBが不正に発行され、そのうち1.1億ドル分が盗難された(そのうち700万ドルは凍結に成功)。またこれを受けバイナンスはBNBスマートチェーンを数時間、一時的に停止する措置を取っていた。

なお今回のハッキングは新たなBNBが不正に発行されたケースであるため、ユーザーの資産には影響がないとアナウンスされている。

関連ニュース

バイナンススマートチェーンが停止、ブリッジのハッキング被害額1.1億ドル

バイナンス、スケーリングソリューション「zkBNB」のテストネットリリース

バイナンスが自社ステーブルコイン「BUSD」に注力か、USDCやUSDPなど取引非対応へ

バイナンスに流入するUSDCが増加する可能性も、サークルCEO

バイナンスがナイジェリアと提携、バーチャル経済特区の設立目指す

参考:BNB Chain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SiberianArt・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した