NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更

フラクショナル、資金調達とリブランディング

NFT分割所有プラットフォームを展開するフラクショナル(Fractional)が、シリーズAラウンドで2000万ドル(約27億円)の資金調達を完了したことを8月18日に発表した。

今回の資金調達はパラダイム(Paradigm)が主導し、フォーカスラボ(Focus Labs)、ユニスワップラボ・ベンチャーズ(Uniswap Labs Ventures)、Eガールキャピタル(E Girl Capital)など50を超えるエンジェル投資家が参加したとのことだ。

同社はこの資金調達を機に新たなフェーズへ突入するとし、その一環としてリブランディングを行い、18日より名称を「テッセラ(Tessera)」に変更することも発表した。また同社のビジョンである「誰もが価値のあるものを集合的に所有し、管理する機会を持つことができる世界の構築」に向けて、今後数か月のうちにNFTをオンラインで所有するための新しい方法を展開していくとのことだ。

テッセラは2021年NFTの分散所有に焦点を当たプラットフォームをローンチ。一つのNFTを複数人で所有するための共同所有権を発行している。同社のコレクションにはクリプトパンクスやBAYCなどの人気NFTも含まれている。

またテッセラは2021年8月にシードラウンドにて790万ドル(約10億円)の資金調達を完了している。この際もパラダイムが資金調達を主導した。

関連ニュース

住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ

美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行

インスタでNFTサービス、100カ国以上で提供へ、イーサリアム・ポリゴン・Flow・ソラナ対応

NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達

ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達

参考:Tessera
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論