ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も

PhantomにスパムNFTをバーン機能追加

ソラナ(Solana)ブロックチェーンの暗号資産ウォレット「ファントム(Phantom)」に、スパムNFTをバーンする新機能「Burn NFT」が追加された。開発元のファントム・テクノロジーズ(Phantom Technologies)が8月18日発表した。

スパムNFTとは、悪意のある攻撃者が資産を奪うことを目的に送信するNFTだ。

ファントム・テクノロジーズによると、ソラナの安価なトランザクション手数料を悪用し、攻撃者はこのようなスパムNFTを公式を装うなどをして、多くユーザーにエアドロップしているという。スパムとは知らずにNFTを受け取ったユーザーは、スパムNFTからフィッシングサイトに誘導され、そこで要求されるトランザクション承認やシードフレーズ入力を実行してしまい、ウォレットから資産が流出する被害を受けているとのことだ。

今回発表された「Burn NFT」では、このようなスパムと疑われるNFTを「ファントム」上でバーンすることが可能になったという。またスパムNFTからフィッシングサイトと疑われるサイトへ誘導させられた場合に「ファントム」から警告を発する機能も追加されたとのこと。

なおNFTのバーンをすると、少額の暗号資産SOLが受け取れるとのことだ。

関連ニュース

暗号資産ウォレットのファントム、a16zやソラナらから約10億円調達

ソラナ(SOL)、ニューヨークで直営店オープン

「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携

ソラナ(SOL)ウォレット「Phantom」、Android版が公開

ソラナウォレット「Phantom」が約125億円調達、iOS版もローンチ

参考:ファントム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/OlgaMiltsova・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ