ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達

ソラナ基盤の企業向けウォレット開発Cashmere、約4.4億円調達

ソラナ(Solana)基盤のエンタープライズ向けウォレットを開発するキャッシュメアー(Cashmere)が、シードステージで300万ドル(約4.4億円)の資金調達を行なったことを8月9日に発表した。

キャッシュメアーによるとこの資金調達には、ワイコンビネーター(Y Combinator)、コインベースベンチャー(Coinbase Venture)、ヴォルトキャピタル(VoltCapital)などが参加した。

調達資金については、同社プロダクト「キャッシュメアー・ウォレット(CashmereWallet)」の開発加速のために利用されるとのことだ。なお同ウォレットでは、企業はマルチシグネチャ署名を使用してウォレットを共同管理することができる仕様になっているようだ。

先週ソラナ関連のウォレットである「スロープウォレット(SlopeWallet)」に関するバグが原因で、ソラナエコシステム全体に影響するハッキングが発生した。被害を受けたアドレスは9,000にも及び、少なくとも600万ドル(約8.2億円)が盗まれたとされている。今後、暗号資産を活用したサービスが増えていく中で、利用者がどうすれば安全に資産を守り続けられるかは重要な論点となるだろう。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】LINE NFTがNFT無料配布機能、STEPNで「GMT」獲得可能になど(音声ニュース)

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ、LINEの暗号資産「リンク(LN)」、Gate. ioに上場へ、STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始、アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で、米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で、クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie's 3. 0」提供開始、OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始、マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供、ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け、岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと、【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「Tokyo web3 Hackathon」を開催へ、デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

Sponsored

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。