米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か

米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。

米国政府は暗号資産(仮想通貨)のミキシング行う企業トルネード・キャッシュ(Tornado Cash)に対し、北朝鮮を含むハッカーのサイバー犯罪収益の資金洗浄を手助けしていると非難し、制裁措置を8月8日に発動した。

ミキシングとは、暗号資産の取引データを組み合わせることで、利用者のプライバシーや匿名性を維持するために活用される技術だ。

米国財務省の高官によると、同省が問題ありと認定した最大規模のミキサーであるトルネード・キャッシュは、2019年に誕生して以来、70億ドル(約9,444億円)以上の暗号資産を資金洗浄したとのことだ。

米財務省のトルネード・キャッシュへの措置内容は、トルネード・キャッシュの米国内の資産を凍結し、米国人がトルネード・キャッシュに関連する取引を原則禁止するというものだ。

また米財務省によれば、北朝鮮政府が支援する有名なハッキンググループであるラザルス・グループ(Lazarus Group)は、政治的、時には金銭的な動機で数多くのデータ侵害を行っており、トルネード・キャッシュを通じて少なくとも4億5,500万ドル(約614億円)の資金洗浄を行っているとのことだ。

なおラザルス・グループは、既に米国の制裁下にある。同グループは、2014年末のソニー・ピクチャーズへの侵入をはじめ、歴史的に多数の重大なデータ侵害をしてきた。

米韓当局によると、北朝鮮は数千人のハッカーを支配し、暗号資産を含む資金を盗み、兵器関連のプログラムの資金源にしているという。

北朝鮮平壌当局は、この対応を避難している。ちなみにトルネード・キャッシュとニューヨークの国連北朝鮮代表部は、ロイターからのコメントの要請にすぐには応じなかった。

トルネード・キャッシュは、6月のハーモニー(Harmony)へのハッキングや、先週のNomad(ノマド)のハッキングでも約1億ドル(約135億円)の資金洗浄に使われたと財務省は発表している。

米財務省がトルネード・キャッシュに対して事前に変更を求めたにもかかわらず、犯罪行為が続いたため、今回のこの措置に至ったとのことだ。

また5月には、米国財務省は暗号資産ミキシング企業ブレンダー(Blender)も標的にし制裁を科していた。数千の暗号資産アドレスから暗号資産をプールしスクランブルするソフトウェアツールに対しては初めての制裁となっていた。

ハッキングは長い間、暗号資産プラットフォームを苦しめてきた。そして専門家は、トルネード・キャッシュがこれらの犯罪に一役買っていると述べている。

暗号資産関連の分析企業であるエリプティック(Elliptic)の共同設立者であるトム・ロビンソン氏は「トルネード・キャッシュはサイバー犯罪者や国家に支援されたハッキンググループにとって人気のある重要なツールです。私たちの分析によると、ランサムウェア、ハッキング、詐欺などの犯罪収益がトルネード・キャッシュを通じて少なくとも13億ドル(約1,754億円)洗浄されています」とコメントした。

米国財務省の措置に対応する形で、米ドルステーブルコインUSDCを発行するサークル(Circle)社は、制裁対象となったコントラクトアドレスをブラックリスト化した。またGithub(ギットハブ)は、トルネード・キャッシュの開発者らのアカウントを削除した。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
 (Reporting by Daphne Psaledakis, Christopher Bing and Ismail Shakil; editing by Grant McCool)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した