NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達

Fair.xyzがOpenSeaなどから約6億円調達

NFTミンティングプラットフォームを開発するFair.xyzが、シードラウンドにて約6億円(455万ドル)の資金調達を完了したことを8月9日に発表した。

Fair.xyzは、メタ(Meta)、インスタグラム(Instagram)、ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)で働いていた3人のエンジニアによって設立された企業であり、ノーコードで簡単に大規模なミンティングを実行することができるワンストップNFTプラットフォームの構築を目指している。同社は今年3月のウクライナ政府によるNFTプラットフォーム立ち上げを主導した企業でもある。

Fair.xyzの発表によると、今回の資金調達はベンチャーキャピタルのエデンブロック(Eden Block)が主導し、オープンシー(Open Sea)、NFX、ファーストミニットキャピタル(First Minute Capital)などが参加したとのことだ。また今回の資金調達を経て、同社の評価額は約44億円(3300万ドル)となったとのことだ。

Fair.xyzはTwitterにて「Web3業界を民主化するというミッションが、今年2月にFair.xyzを立ち上げた理由の核心でした。(資金調達に参加してくれた)各チームには、このビジョンを実現するために早い段階から私たちを信じてくれたことに、とても感謝しています」とコメントしている。

なお現在Fair.xyzはNFTプラットフォームの構築段階にあり、ウェイティングリストに登録することによって早期アクセスに参加できるとのことだ。

なおFair.xyzと同じくNFTのミンティングをムーンペイ(MoonPay)がハイパーミント(HyperMint)と呼ばれるサービスを6月より開始している。こちらもFair.xyzと同様に大規模なNFTの発行を簡単に行うことができるサービスとなっている。

関連ニュース

ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達

【取材】フィナンシェが約7.7億調達、エクイティで

インスタでNFTサービス、100カ国以上で提供へ、イーサリアム・ポリゴン・Flow・ソラナ対応

ソラナ(SOL)のNFTマーケットプレイス「マジックエデン」、イーサリアムに対応

ティファニーがCryptoPunksモチーフの物理ネックレス販売、NFT活用し1つ30ETHで

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored