オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ

オーストラリア中銀がCBDCのユースケース調査へ

オーストラリアの中央銀行であるオーストラリア準備銀行(Reserve Bank of Australia)が、デジタル金融共同研究センター(DFCRC)と共同でCBDC(中央銀行デジタル通貨)関連プロジェクトに取り組むことを8月9日に発表した。

なおDFCRCとは、オーストラリアの産業界、大学、オーストラリア政府の共同出資により設立された研究組織。デジタルプラットフォーム上で直接かつリアルタイムな取引を可能にする「資産のデジタル化」から生じる機会を活用することを目的に活動を行っている。

今回発表されたプロジェクトでは、主にCBDCのユースケースについて重点的に調査を行うとのこと。オーストラリア準備銀行は、CBDCの技術的可能性についてはこれまでも研究を行っていたが、CBDC導入による経済効果などの具体的なユースケースおよびビジネスモデルについてはこれまであまり着目していなかったとのことだ。

プロジェクトの期間は1年間が予定されており、パイロット版のCBDCで決済サービスなどの様々なユースケースを導入し評価するとのこと。なおこのプロジェクトにはオーストラリア財務省も運営委員会のメンバーとして参加するという。

このプロジェクトについて、準備銀行のマイケル・バロック(Michele Bullock)副総裁は「私たちは、CBDC がオーストラリアにもたらす潜在的な利益をより良く理解するために、広範な産業界 の参加者と関わることを楽しみにしています」とコメントしている。

またDFCRCのCEOであるアンドレアス・ファーチェ(Andreas Furche)氏は「CBDC は、もはや技術的な実現可能性の問題ではありません。今、重要な研究課題は、CBDCがどのような経済的利益を実現できるか、そして、その利益を最大化するためにどのように設計できるかです」と述べている。

オーストラリア準備銀行は2021年9月より、国際決済銀行、マレーシア国立銀行、シンガポール金融管理局、南アフリカ準備銀行と共にCBDCの国際決済テストを行っている。

関連ニュース

国際決済銀行とオーストラリア、マレーシア、シンガポール、南アフリカの中銀が、CBDCの国際決済テストへ

タイ中銀、リテールCBDC実証実験を年内開始へ

フランス中銀、ホールセールCBDCの実験を複数開始へ

日銀の中央銀行デジタル通貨(CBDC)、概念実証フェーズ2へ

米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か

参考:オーストラリア準備銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Fredex8・Ninja-Studios

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored