フランス中銀、ホールセールCBDCの実験を複数開始へ

フランス中銀、ホールセールCBDCの実験を複数開始へ

フランスの中央銀行であるフランス銀行(Banque de France)が、ホールセール型CBDC(中央銀行デジタル通貨)に関する複数の実験を開始する計画があることが分かった。

フランス銀行のフランソワ・ビルロワドガロー(François Villeroy de Galhau)総裁が7月12日に行った、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関するスピーチにより明らかになった。なおホールセール型は金融機関による大口決済にて利用される目的のCBDCで、反対にリテール型は小売りなど一般で利用される目的のCBDCとなっている。

ビルロワドガロー総裁によると、ホールセールCBDCの実験は、2022年から2023年にかけて民間企業や海外銀行とともに行い、CBDCのプロトタイプ作成を目指すという。この実験が成功すれば、2023年中にCBDCの試験制度が確立し、金融資産のトークン化の流れをサポートするための規制的枠組みを提供できるようになるとのことだ。

また同氏はリテール型のCBDCについても触れている。リテールCBDCの発行は個人と中央銀行を直接つなぐことを意味するため、これまで個人と中央銀行の仲介を担ってきた商業銀行の役割の縮小を招くと懸念されているが、この点については「デジタルユーロ(リテールCBDC)は商業銀行貨幣の消滅を意味してはならない」と述べており、中央銀行と商業銀行の関係はこれまで通り維持されるべきと主張している。また、個人口座の管理も中央銀行が行うべきではないと述べている。

しかし同氏は、リテールCBDCの導入について否定しているわけではない。同氏によると一定の条件を満たすリテールCBDCは「デジタル経済における公的資金の役割」を果たすとしており、発行を検討する価値があると述べている。

フランス銀行は2020年から2021年にかけてCBDCの銀行間決済に関する実験を行っている。2021年1月には同実験の成果として200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功したことを公表している。

さらに2021年12月にはスイス国立銀行、国際決済銀行とともにCBDCのクロスボーダー取引を行ったことを発表している。

関連ニュース

フランス銀行が中央銀行デジタル通貨実験にて200万ユーロ(約2億5,000万円)の決済に成功

フランスとスイスの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功

日銀の中央銀行デジタル通貨(CBDC)、概念実証フェーズ2へ

カナダ銀行とMIT、共同で「中央銀行デジタル通貨」研究へ

露スベルバンク、独自プラットフォームでデジタル金融資産発行

参考:フランス銀行
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BeeBright・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored