カナダ銀行とMIT、共同で「中央銀行デジタル通貨」研究へ

カナダ銀行がMITと共同でCBDC研究へ

カナダの中央銀行であるカナダ銀行が、マサチューセッツ工科大学(MIT)と共同で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する研究を行うことが3月16日分かった。

発表によると、カナダ銀行はMITメディアラボのデジタル通貨イニシアチブチーム(DCI)と協力し、DCIが現在行っているCBDCの研究を基に、先進技術がCBDCの設計にどのような影響を与えるかを調査するとのこと。

この研究プロジェクトでは技術的な側面からの調査や実験に重点を置き、CBDCがどのように機能するかを判断することに役立てるという。また同プロジェクトの期間は12か月間となっており、期間終了後に調査内容をまとめたレポートを公開する予定とのこと。

なおカナダ銀行によるCBDCの導入については未定とのことだ。

CBDCについては各国で調査や実験が進められている。

今月9日にはアメリカのバイデン大統領が、デジタルドル発行やその他の暗号資産問題の利点とリスクを評価するよう米政府機関に求める大統領令に署名を行っている。

また今月に入りフィリピンの中央銀行がCBDCの研究に着手することが明らかになっている他、ブラジルの中央銀行も複数のCBDCプロジェクトを立ち上げることを発表している。さらに昨年12月にはフランス銀行とスイス国立銀行がCBDCのクロスボーダー決済実験に成功したことも発表されている。

関連ニュース

バイデンが暗号資産関連の大統領令に署名、ビットコインや先物ETFが急騰

バイデンが署名した暗号資産関連の大統領令、その内容は?

フランスとスイスの中銀、CBDCクロスボーダー決済実験に成功 

KPMGカナダ、女性支援のNFTコレクション「World of Women」購入

国際決済銀行とオーストラリア、マレーシア、シンガポール、南アフリカの中銀が、CBDCの国際決済テストへ

参考:Bank of Canada
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・Simon-Lehmann

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。