SBI VCトレードで、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)上場

SBI VCトレード(旧TAOTAO)がLTC、BCH、LINK、DOTの取り扱い追加

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレード(旧TAOTAO)が、新たに4銘柄の暗号資産取り扱いを開始した。

現物取引、貸暗号資産、積立の各サービスで、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)が追加された。

またレバレッジ取引サービスには、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)が追加された。

これにより、SBI VCトレード(旧TAOTAO)が取り扱うサービス全てにおいて、合計7銘柄が対応した。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)だ。

また発表によるとLINKを除く6銘柄については、入庫と出庫に対応済みで、LINKについては現在出庫のみの対応となるようだ。

昨年12月1日、国内暗号資産交換業者であるSBI VCトレードおよびTaoTaoが合併完了し、TaoTaoのサービス名が「SBI VCトレード」に変更された。

旧SBI VCトレード及び旧TAOTAO(新SBI VCトレード)の2モデルは、それぞれそのまま継続しており、6月末には両取引所のサービスが完全統合される予定となっている。

旧SBI VCトレードのユーザーは旧TAOTAO(新SBI VCトレード)で口座開設する等で、暗号資産を移管する必要がある。

関連ニュース

SBI VCトレード(旧TAOTAO)、暗号資産積立サービス開始

SBI VCトレードとTaoTao合併完了、来年6月にサービス統合へ

SBI VCトレードとTaoTaoが合併、暗号資産取引所サービスはそれぞれ継続

SBINFT、バンタンの卒業証書をNFTで発行

SBI、国内初の個人投資家向け「暗号資産ファンド」募集開始

参考:SBI VCトレード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored