SBI VCトレードで、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)上場

SBI VCトレード(旧TAOTAO)がLTC、BCH、LINK、DOTの取り扱い追加

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレード(旧TAOTAO)が、新たに4銘柄の暗号資産取り扱いを開始した。

現物取引、貸暗号資産、積立の各サービスで、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)が追加された。

またレバレッジ取引サービスには、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)が追加された。

これにより、SBI VCトレード(旧TAOTAO)が取り扱うサービス全てにおいて、合計7銘柄が対応した。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、チェーンリンク(LINK)、ポルカドット(DOT)だ。

また発表によるとLINKを除く6銘柄については、入庫と出庫に対応済みで、LINKについては現在出庫のみの対応となるようだ。

昨年12月1日、国内暗号資産交換業者であるSBI VCトレードおよびTaoTaoが合併完了し、TaoTaoのサービス名が「SBI VCトレード」に変更された。

旧SBI VCトレード及び旧TAOTAO(新SBI VCトレード)の2モデルは、それぞれそのまま継続しており、6月末には両取引所のサービスが完全統合される予定となっている。

旧SBI VCトレードのユーザーは旧TAOTAO(新SBI VCトレード)で口座開設する等で、暗号資産を移管する必要がある。

関連ニュース

SBI VCトレード(旧TAOTAO)、暗号資産積立サービス開始

SBI VCトレードとTaoTao合併完了、来年6月にサービス統合へ

SBI VCトレードとTaoTaoが合併、暗号資産取引所サービスはそれぞれ継続

SBINFT、バンタンの卒業証書をNFTで発行

SBI、国内初の個人投資家向け「暗号資産ファンド」募集開始

参考:SBI VCトレード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている