SBI、国内初の個人投資家向け「暗号資産ファンド」募集開始

SBI、個人投資家向け「暗号資産ファンド」立ち上げへ

SBIホールディングスが国内初となる個人投資家向け「暗号資産」ファンドを立ち上げることを12月17日発表した。同17日より募集開始となっている。

この「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)」では、同グループの暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードを通じた取引でXRP、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、チェーンリンク、ポルカドットの7通貨でポートフォリオを組成するという。1暗号資産あたりの組み入れ上限比率20%とし、時価総額比率に応じた投資配分を行うとしている。

また同ファンドの運用方針としては、価格変動率の比較的高い暗号資産への投資タイミングのリスクを軽減するために、ファンド設定時および償還時に3か月ずつの時間分散を図る投資手法を活用するとのことだ。

運用期間は2022年2月1日を開始日とし、2023年1月31日までの1年間となる。

購入申込については、本日12月17日より2022年1月31日までの期間で募集されており、 1口当たり100万円、 5口以上1口単位(500万円以上)で購入ができる。なお最大保有者数は499名となっており、発行価格の総額については上限設定はない。

また購入時手数料は3.3%で管理報酬は年0.66%となっている。

なお「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)」の設定は傘下のSBIオルタナティブ・ファンドが行い、募集はSBIマネープラザが行う。

関連ニュース

SBIの日本初の暗号資産ファンド、11月に計画

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・ismagilov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/20話題】FTX USが株式取引ベータ版提供、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携など(音声ニュース)

FTX USが株式取引ベータ版提供、米ドルステーブルコインUSDCにも対応、【取材】「寺DAO」で暗号資産調達、DEVプロトコルと社寺建築の翠雲堂が提携、web3ゲーム企業AzraGames、a16z主導シードラウンドで約19.2億円調達、ジャミロクワイがメタバース進出、「The Sandbox」と提携、ブラジルサッカー「ECバイーア」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、朝日印刷らがブロックチェーンで医薬品を追跡管理、Hyperledger Fabric採用

Sponsored