SBI、国内初の個人投資家向け「暗号資産ファンド」募集開始

SBI、個人投資家向け「暗号資産ファンド」立ち上げへ

SBIホールディングスが国内初となる個人投資家向け「暗号資産」ファンドを立ち上げることを12月17日発表した。同17日より募集開始となっている。

この「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)」では、同グループの暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードを通じた取引でXRP、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、チェーンリンク、ポルカドットの7通貨でポートフォリオを組成するという。1暗号資産あたりの組み入れ上限比率20%とし、時価総額比率に応じた投資配分を行うとしている。

また同ファンドの運用方針としては、価格変動率の比較的高い暗号資産への投資タイミングのリスクを軽減するために、ファンド設定時および償還時に3か月ずつの時間分散を図る投資手法を活用するとのことだ。

運用期間は2022年2月1日を開始日とし、2023年1月31日までの1年間となる。

購入申込については、本日12月17日より2022年1月31日までの期間で募集されており、 1口当たり100万円、 5口以上1口単位(500万円以上)で購入ができる。なお最大保有者数は499名となっており、発行価格の総額については上限設定はない。

また購入時手数料は3.3%で管理報酬は年0.66%となっている。

なお「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)」の設定は傘下のSBIオルタナティブ・ファンドが行い、募集はSBIマネープラザが行う。

関連ニュース

SBIの日本初の暗号資産ファンド、11月に計画

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・ismagilov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ7億円相当のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ