SBI、国内初の個人投資家向け「暗号資産ファンド」募集開始

SBI、個人投資家向け「暗号資産ファンド」立ち上げへ

SBIホールディングスが国内初となる個人投資家向け「暗号資産」ファンドを立ち上げることを12月17日発表した。同17日より募集開始となっている。

この「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)」では、同グループの暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードを通じた取引でXRP、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、チェーンリンク、ポルカドットの7通貨でポートフォリオを組成するという。1暗号資産あたりの組み入れ上限比率20%とし、時価総額比率に応じた投資配分を行うとしている。

また同ファンドの運用方針としては、価格変動率の比較的高い暗号資産への投資タイミングのリスクを軽減するために、ファンド設定時および償還時に3か月ずつの時間分散を図る投資手法を活用するとのことだ。

運用期間は2022年2月1日を開始日とし、2023年1月31日までの1年間となる。

購入申込については、本日12月17日より2022年1月31日までの期間で募集されており、 1口当たり100万円、 5口以上1口単位(500万円以上)で購入ができる。なお最大保有者数は499名となっており、発行価格の総額については上限設定はない。

また購入時手数料は3.3%で管理報酬は年0.66%となっている。

なお「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)」の設定は傘下のSBIオルタナティブ・ファンドが行い、募集はSBIマネープラザが行う。

関連ニュース

SBIの日本初の暗号資産ファンド、11月に計画

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・ismagilov

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/27話題】博報堂とアスターのステイクが新会社、Oasysでセガ「三国志大戦」リリースへなど(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ジョイントベンチャー設立へ、【取材】セガ「三国志大戦」のIP活用ブロックチェーンゲーム、Oasysでリリースへ、グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野、SBIVCトレードが「ステーキングサービス」開始へ、カルダノ(ADA)から、フォビジャパン、テゾス(XTZ)取扱いへ、コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得、WEFが「Crypto Sustainability Coalition」発足、気候変動対策におけるweb3の可能性調査で、チリーズ(CHZ)の「Socios. com」、マレーシアのサッカークラブ「ジョホール」と提携、ラグビー用品専門店「ラグビーオンライン」、FiNANCiEでトークン発行、コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発、NFTアートの祭典「CAWA TOKYO 2022」、9月27日から開催

Sponsored

コンコーディアム(CCD)でweb3ドメインサービス「CNS」開始、Bictory Finance開発

DeFi(分散型金融)やNFTにおけるブロックチェーンの安全性と規制問題に取り組むweb3ソフトウェア開発企業ビクトリーファイナンス(Bictory Finance)が、コンコーディアム(Concordium)ブロックチェーン上でウォレット・ネーム・システム「Concordium Name Service(CNS)」を9月27日に発表した。

Sponsored