美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行

美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、「美ら海ゴミゼロプロジェクト」のトークン発行と販売開始を8月17日に発表した。

「美ら海ゴミゼロプロジェクト」は、スキューバダイビング事業を展開する有限会社グローバルスタンダードが発足したプロジェクト。このプロジェクトは、沖縄本島と周辺離島海域における海岸・海洋ゴミやマイクロプラスチック削減に「楽しく/まじめに」取り組むことを掲げている。

また同プロジェクトとマリンレジャーとのマッチングにより、「ゴミ拾い」を次世代のマリンアクティビティとして楽しみながら「共に沖縄の豊かな海を守っていこう!」というメッセージを内外に向け発信していくという。

なお「美ら海ゴミゼロプロジェクト」には、ダイビングスクール「スキューバカンパニードルフィン」代表の高宮大輔氏と、水中ゴミ拾い専門の次世代ダイビングショップ「Dr.blue」代表の東真七水氏が発起人となり、フリーダイバー福田朋夏氏や水中写真家むらいさち氏など、各方面で活躍するアンバサダーがプロジェクトへの参加を表明している。

「美ら海ゴミゼロプロジェクト」は今回のトークン発行により、環境問題解決に取り組む人々と、それを応援し見守るだけであった人々がより身近なパートナーとして関わり合うことのできる仕組みづくりにチャレンジするとのことだ。

初回ファンディングで集まった支援金は、「美ら海ゴミゼロプロジェクト」の運営資金に利用するとのこと。またオーナーとサポーターの双方向のコミュニケーションを促す企画として「運営状況の可視化・日々の活動の共有」や「海にまつわる豊富なチャンネル展開」、「トークン投票」を実施していくとのことだ。

投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組み(1人1票として実施する場合もあり)となっている。なお「FiNANCiE」で発行されているトークンは、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

トークンの初回販売期間は8月17日10時から9月30日20時の予定。なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。

トークンの販売メニューについては、5,000pt~300,000ptまでの価格で全7種類が用意されており、それぞれで獲得できるトークンと特典が異なる。

150,000ptのメニューは合計で10口用意されており、150,000pt分のトークン付与に加え、「東 真七水が直接指導!ダイビングライセンス取得コース受講権」や「プロジェクトHPにお名前掲載」などが特典として用意されている。その他のメニューでも「プロジェクトスポンサーシップ(1年)」や「プロジェクト関連イベントの優先案内」など多くの特典がある。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、水中ゴミ拾い専門店「Dr.blue」代表 東 真七水氏より以下のコメントを得た。

『「1人の100歩より100人の1歩」この言葉を大切にしながら、FiNANCiEを通じて皆さんと一緒に活動を盛り上げることができれば大変嬉しいです。よろしくお願いします!』

関連ニュース

ラグビーチーム「LeRIRO福岡」、FiNANCiEでトークン発行

総合型プロスポーツクラブ「しながわシティ」、FiNANCiEでトークン発行

堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、「FiNANCiE」で第2回ファンディング

関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

松井大輔選手も所属のY.S.C.C.横浜フットサル、FiNANCiEでトークン発行

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された