アバランチ(AVAX)、ビットコインのブリッジ機能追加

アバランチでネイティブBTCサポート開始

アバランチ(Avalanche)のトークンブリッジプラットフォーム「アバランチブリッジ(Avalanche Bridge)」が、ビットコイン(BTC)のネイティブサポートを開始したことが6月23日分かった。

「アバランチブリッジ」は昨年7月にローンチされたアバランチ公式のプラットフォームで、現在はイーサリアム(Ethereum)ネットワークのみがサポートされており、ERC-20規格のトークンとアバランチネットワークでサポートするトークン24銘柄のブリッジが可能となっている。

今回「アバランチブリッジ」がビットコインをサポートすることで、今までWBTC(ラップドビットコイン)に交換し、BTCをアバランチ上で使用する必要があったが、BTCのままアバランチ上のDeFi(分散型金融)などで利用が可能となる。これにより、より多くのビットコイン保有者がアバランチ上のDeFi(分散型金融)へ流入することが期待できると考えられる。

なお「アバランチブリッジ」によるビットコインブリッジは、アバランチの独自ウォレット「Core Extension(コアエクステンション)」のブラウザ版でのみサポートされているとのこと。

今年3月にEVM(イーサリアムバーチャルマシン)対応のMetamask(メタマスク)がアバランチ対応を開始しているが、メタマスクを含めた「コアエクステンション」以外のウォレットではビットコインブリッジは非対応とのことだ。

アバランチは、2020年9月にメインネットをローンチしたレイヤー1(L1)ブロックチェーンで、DeFi環境の構築やツール開発が行えるプラットフォームだ。

アバランチでは異なるデータ構造を採用する3つのブロックチェーンを持つマルチチェーンフレームワークを採用し、重要機能の役割を分担している。そのためContract Chain(C-Chain)、Platform Chain(P-Chain)、Exchange Chain(X-Chain)が存在している。なおAVAXはアバランチのネイティブトークンとなる。

ちなみに「コアエクステンション」は、C-Chainとビットコイン間のブリッジをサポートしている。

関連ニュース

アバランチ(AVAX)、ビットコインのブリッジ機能追加と独自ウォレット「Core」発表

メタマスクがアバランチ(AVAX)に対応、スワップ機能も追加

米レモネードがDAO設立、気候保険をアフリカ農家へ。アバランチ活用で

【取材】国内初、アバランチ(AVAX)がオーケーコインジャパンに上場へ

アバランチ、335億円相当のインセンティブプログラム「Multiverse」ローンチ

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/metamorworks

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で