米レモネードがDAO設立、気候保険をアフリカ農家へ。アバランチ活用で

米レモネードがDAOを設立し、 アフリカの農家を気候変動から保護へ

米インシュアテック企業のLemonade(レモネード)が、 アフリカの農家を気候変動から保護することを目的としたDAO(自律分散型組織)「Lemonade Crypto Climate Coalition(レモネード・クリプト・クライメイト・コアリション)」を3月22日に設立したことが分かった。

アフリカには約3億人の小規模農家があり、その大部分が洪水や干ばつなどの気候リスクから経済的に保護されていない。これに対し「Lemonade Crypto Climate Coalition」では、ブロックチェーンを活用したパラメトリック保険を提供する予定だ。

なおパラメトリック保険とは、損害と因果関係のある指標が契約時の条件を満たした際に、あらかじめ決められていた保険金が支払われる仕組みの保険である。

今回レモネードは「Lemonade Crypto Climate Coalition」設立にあたり、非営利団体のLemonadeFoundation(レモネード財団)を設立したとのこと。

このDAOの創設メンバーにはレモネード財団の他、分散型オラクルネットワーク提供のChainlink(チェーンリンク)やパブリックブロックチェーンのAvaranche(アバランチ)、分散ガバナンスのためのオペレーティングシステムのDAOstack(ダオスタック)、ブロックチェーン活用のパラメトリック保険の提供実績があるEtherisc(イーサリスク)、世界第3位の再保険会社Hannover Re(ハノーバー再保険)、ケニアのインシュアテック企業Pula(プラ)、気候変動対策データおよびツールを提供する非営利団体TomorrowNow(トゥモローナウ)が参加している。

また保険のプラットフォームは、アバランチ上に分散型アプリケーション(DApps)の形で開発するという。農家はこのプラットフォームにより、ステーブルコインまたは現地通貨で保険金の支払いをスマートフォンで受けられるとのことだ

なおこのプラットフォームは年内を目途に、ナイジェリアで最初に提供される予定だ。

レモネード財団のディレクターであるダニエル・シュライバー(Daniel Schreiber)氏は「従来の保険会社の代わりにDAOを利用し、保険契約の代わりにスマートコントラクトを使用し、さらに保険金請求の専門家の代わりにオラクルを使用することで、web3とリアルタイムの気象データの共有および分散型の側面を活用して、手頃な価格で瞬時の気候保険を提供できると期待しています」とコメントしている。

なお発表によると将来的に全ての暗号資産投資家が、このDAOに対し資金提供できるようになるという。またコミュニティへの参加貢献のためにガバナンストークンの発行も予定しているとのことだ。

2015年に設立されたレモネードは、米ニューヨークを拠点にP2P(ピアツーピア)の損害保険を提供する企業。従来の損害保険ビジネスでは保険契約者から巨額の資金を集め、運用して利益を得るというモデルだが、それに対しレモネードは、主要なオペレーションにAIを導入し、経営を効率化することで保険料の低減と保障の拡大を目指している。

契約者から集めた保険金の20%はレモネードの経費・利益として使われ、80%が保険金など契約者への支払いなどに使われるという。2017年にはシリーズCにてソフトバンクグループ、GV(Google Ventures)、セコイアキャピタル(Sequoia Capital)、アリアンツ(Allianz)より1.2億ドルの資金を調達している。

関連ニュース

【動画】日本発のDeFi保険「InsureDAO」とは?(InsureDAO Founder 斯波晃士氏)

CAC、ブロックチェーン利用の配達員保険システムの実証実

【取材】日本発DeFi保険プロトコル「InsureDAO」、約1.2億円を調達(CEO斯波晃士氏、Chairman岩瀬大輔氏)

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

Linux Foundationと米国保険サービス協会、保険業界向けブロックチェーンプラットフォーム「openIDL」をローンチ 

参考:Lemonade Foundation
デザイン:一本寿和
images:iStocks/masa44

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored