Linux Foundationと米国保険サービス協会、保険業界向けブロックチェーンプラットフォーム「openIDL」をローンチ

Linux Foundationと米国保険サービス協会、保険業界向けブロックチェーンプラットフォーム「openIDL」をローンチ

オープンソースブロックチェーンプロジェクト「Hyperledger(ハイパーレジャー)」を主催する非営利団体Linux Foundationと米国保険サービス協会(American Association of Insurance Services:AAIS)が、「Open Insurance Data Link(openIDL)」のプロジェクトおよびプラットフォームのローンチを4月13日発表した。

損害保険業界では、規制上の報告義務を果たすために大容量のデータファイルを第三者や規制当局に転送するが、その際にデータがどのように使用されているかについて長年の懸念があるとのこと。この「openIDL」プロジェクトはこういったデータのプライバシー、セキュリティ、透明性に対応することを目的としているとのことだ。

「openIDL」プラットフォームを利用することで、保険会社が自社のデータセンターにデータを安全に保持した上で、データを他者に送ることなく情報提供の要請に応えることを可能にするとのこと。なおこのプラットフォームは、企業向けブロックチェーン基盤であるHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)上に構築されているとのことだ。

このプロジェクトの創設メンバーには世界最大級の保険会社であるThe HanoverやSelective Insurance Groupが参加をしている他、ブロックチェーンコンサルティング企業Chainyard、米リスクモデリング企業KatRisk、ブロックチェーン×モビリティの業界団体Mobility Open Blockchain Initiative(MOBI)が参加しているとのこと。

リリースによると「openIDL」は当初のところ、損害保険会社の規制当局への報告へ利用されるが、安全に情報の交換を必要とする他の業界への転用も見据えて設計がされており、今後数ヶ月のうちに保険分野以外でのサポートが予定されているとのことだ。

AAISのCEOであるエド・ケリー(Ed Kelly)氏は、「私たちは当初から、openIDLとブロックチェーン技術には大きな変革の可能性があると認識していました。保険のエコシステムに意味のあるポジティブな変化をもたらすために、Linux Foundationと協力できることを嬉しく思います」と述べている。

参考:Linux FoundationOpenIDL

(images:iStock/dalebor・gorodenkoff・LeshkaSmok

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース