ペイパル、米ユーザー向けに「PYUSD」の海外送金サービス開始

送金者が選択した法定通貨で受け取り可能に

米決済大手ペイパル(PayPal)が、独自の米ドル建てステーブルコイン「PayPal USD(PYUSD)」を米ドルに換金して海外送金できるサービスを米国ユーザー向けに開始した。ペイパルが4月4日発表した。

同サービスは、同社提供の海外送金サービス「Xoom(ズーム)」を介して行われるとのこと。なお対象となる米国ユーザー(ハワイ州を除く)は世界約160カ国以上に送金が可能だという。なお手数料は無料だが、送金通貨が米ドル以外の場合は、為替スプレッドが発生するとのこと。

ペイパルによれば「このオプションを選択すると、Xoomは米国ユーザーのペイパルの暗号資産ハブ(PayPal Cryptocurrency Hub)にあるPYUSDを暗号資産販売手数料なしで米ドルに変換し、受取人は送金者が選択した法定通貨で資金を受け取れる」とのこと。

ちなみにハワイ州で同サービスが利用できないのは、州法により暗号資産保有が禁止されているためとペイパルは説明している。

「PYUSD」とは

「PYUSD」は、米ドルの価格に1:1でペッグ(固定)されたステーブルコインだ。昨年8月7日にペイパルがローンチを発表した。

なおペイパルのような大手金融会社が独自のステーブルコインを発行するのは、初の事例である。

ペイパルによると「PYUSD」の価値は、米ドル預金・短期米国債・同様の現金相当物に100%裏付けられているという。

発行元については「パクソストラストカンパニー(Paxos Trust Company)」が担当している。

現在「PYUSD」は、クリプトドットコム(Crypto.com)やビットスタンプ(Bitstamp)、コインベース(Coinbase)、クラーケン(Kraken)などの暗号資産取引所で取り扱われており、メタマスク(MetaMask)やレジャー(Ledger)、ファントム(Phantom)といったweb3ウォレットでもサポートされている。

また昨年9月からペイパル傘下のモバイル決済アプリ「ベンモ(Venmo)」でも利用が開始されている。これによりユーザーは、「PYUSD」を「ペイパル」や「ベンモ」など互換性のある外部ウォレットへ、高速かつ手数料無料で送金できるようになっている。

関連ニュース

参考:発表
images:iStocks/digitalmazdoor-digitalmazdoor・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ