ペイパルが約10億ドルの暗号資産を保有、四半期報告書にて

大部分はBTCとETH

米決済大手ペイパル(PayPal)が、10億ドル(約1353.7億円)近くの暗号資産(仮想通貨)を保有していることが、米証券取引委員会(SEC)に提出された四半期報告書によって明らかとなった。

その報告書によればペイパルは、2023年3月31日時点で合計9億4300万ドル(約1276.5億円)の暗号資産を保有していることが確認できる。この数字は同社の前四半期と比べて56%増加した恰好だ。

なおペイパルが保有している暗号資産の大部分はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)であり、BTCが4億9900万ドル(約675.5億円)、ETHが3億6200万ドル(約490.5億円)とのことだ。残りはビットコインキャシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)で形成されている。

なおペイパルがこの四半期に報告した金融負債総額は12億ドル(約1624.6億円)で、内77.9%が暗号資産のものだという。

またペイパルは、暗号資産には「関連する特有のリスク」があることを認識しており、同社が保有する暗号資産については「保護負債」とみなしているとのこと。「保護負債」は、米国の上場企業が暗号資産を保有する場合に適応される財務諸表の報告ルールだ。具体的には、事業体が暗号資産を保有する場合、それと同額の現金などを準備して財務諸表に負債計上する必要があると規定されているとのことだ。

なお同社が保有する特定の暗号資産は、前四半期から変化していないことも記されている。

またペイパルは、サードパーティが取引を処理できなくなった場合に顧客に責任が生じることも認識している。この声明内容は前四半期の提出書類から変わらないが、今回の提出書類では、そういった障害はまだ発生していないことも報告されている。

ペイパル傘下のモバイル決済アプリ「ベンモ(Venmo)」は4月28日、暗号資産の送受信機能を新たに追加することを発表。「ベンモ」では2021年4月より暗号資産の売買および保管の機能を導入している。他にも同年11月に「ベンモ」のユーザーが暗号資産の価格をリアルタイムで追跡できる価格アラート機能が追加されていた。

関連ニュース

参考:提出書類
デザイン:一本寿和
images:iStocks/chameleonseye

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored