トランプ前大統領、AIは「危険で恐ろしい」と指摘。改めてCBDCへの反対姿勢示す=FOX

戦争になりかねない

米国の前大統領ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は、人工知能(AI)のことを「危険で恐ろしい」ものだと認識しているようだ。2月3日のフォックスビジネス(Fox Business)のインタビューにて明かしている。

トランプ氏はインタビューにて、AIが精巧なフェイクを作り出せる脅威をはらんでいることについて言及。昨今インターネット上に氾濫する、AIが生成した著名人のフェイクの危険性を指摘した。

同氏は「先日、誰かが私に自社製品についてのスピーチをさせ、私の評判を詐称しているのを見た。私は、その製品を支持することは決してないと断言した。見分けがつかないでしょ。まるで私が支持しているように見える」と述べ、「戦争などにも発展しかねない」と指摘した。

トランプ氏は、このような問題に対する早急な対策を講じなければならないとの姿勢を示した。しかしAIは「真の解決策がないため、あらゆるものの中で最も危険なものかもしれない」と述べている。

なおトランプ氏は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての反対の姿勢も引き続き示した。

秋の米大統領選へ向け選挙活動中のトランプ氏は、演説にて度々CBDCへの反対の姿勢を表明している。

米国ではここ数年、CBDCがドルの中央集権化を引き起こし、デジタルウォレットを通じて米国人をコントロールするために使われる可能性があるとの批判の声も上がっていた。

関連ニュース

images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論