米大統領選予備選で連勝中のトランプ前大統領、「中銀デジタル通貨」に反対する姿勢を強調

改めてCBDCに反対する姿勢示す

米国の前大統領ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に反対する姿勢を改めて表明した。

トランプ氏は1月22日夜の米ニューハンプシャー州ラコニアでの集会にて、「ビベック氏は望んでいたが、私は中央銀行デジタル通貨の創設を決して許さない」と宣言した。現在トランプ氏は、今年の11月5日に行われる米大統領選挙に向け、共和党の指名候補者となるべく同党の予備選挙を戦っている。

なお共和党から秋の米大統領選に立候補していたビベック・ラマスワミ(Vivek Ramaswamy)氏は、暗号資産(仮想通貨)支持者として知られる人物だ。同氏は1月15日、中西部アイオワ州で行われた党員集会の結果を受けて、選挙戦から撤退すると表明。今後はトランプ氏の支援に回ることを表明している。

トランプ氏は1月23日、東部ニューハンプシャー州での共和党予備選挙で勝利を確実なものにした。同氏は初戦のアイオワ州党員集会でも圧倒的勝利を収めており、連勝した格好だ。

トランプ氏は選挙活動中、CBDCに対して一貫した姿勢を貫いている。

1月17日に米ニューハンプシャー州ポーツマスで行われた選挙演説にてトランプ氏は、「皆さんの大統領として私は、CBDCの発行を決して許さない」と表明。CBDC発行が、銀行引き揚げや政治的な武器となり得る危険性をはらんでいると強調した。

トランプ氏は、CBDCによって連邦政府が国民のお金を絶対的支配下に置くことになると考えているようで、「(CBDCの発行は)自由に対する危険な脅威」だと指摘。銀行や規制当局が国民のお金を引き出そうとすることに対して「強力な保護を導入する」と述べていた。

関連ニュース

images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ