ドナルド・トランプのデジタルトレーディングカード発売、逮捕時の写真がNFTに

トランプ氏の新たなNFTカード発売

米前大統領ドナルド・トランプ氏の公式NFTコレクション「コレクト・トランプ・カード(Collect Trump Cards)」の新コレクション「マグショットエディション(The MugShot Edition)」が12月13日リリースされた。

「マグショットエディション」は、トランプ氏による今年8月の逮捕時に撮影されたマグショット(逮捕後に撮影される人物写真)が、デジタルトレーディングカードとしてNFTコレクション化されたものだ。このカードは計10万枚で構成されており、そのうち9万9,000枚が販売される予定とのこと。なおカードは現在99ドル(約14,400円)で販売されている。

なおトランプ氏は今年8月に、2020年大統領選の結果を覆すため複数人と共謀し、州当局者への職務違反の働きかけや偽の選挙人の選定等、組織的な犯行を重ねたとし、州法違反で起訴されていた。その後今年8月24日、同氏はジョージア州フルトン郡の拘置所に出頭し逮捕され、保釈保証金を払って釈放された。

このコレクション内で展開される一部のカードには、合計2,024枚の様々なレアリティで構成された実物の限定版カードが含まれており、そのうち25枚はトランプ氏の直筆サイン入りレアカードも含まれているという。なおカードはランダムでユーザーに割り当てられるとのこと。

また実物の限定版カードには、トランプ氏がマグショット時に実際に着用していたスーツの切れ端が付属されているという。

47枚以上のカードを1回の取引で購入したユーザーには、実物の限定版カードと米フロリダ州パームビーチにあるトランプ氏の別荘「マー・ア・ラゴ」で開催されるガラディナーへの招待チケット2枚が郵送されるとのこと。

さらに、カードを100枚購入した最初の200人には、実物の限定版カード1枚と、ネクタイの切れ端が付属された実物の限定版カード1枚が郵送されるとのことだ。

なお「マグショットエディション」のトレーディングカードNFTは、ポリゴン(Polygon)ブロックチェーン上で発行されており、今月31日まで譲渡不可となっている。

「コレクト・トランプ・カード」コレクションが初めてリリースされたのは昨年12月で、このコレクション内で展開されたNFTは販売開始から約14時後に完売した。同コレクション内で展開されるカードの特典には、NFT購入者がトランプ氏と直接会って話す特典や、トランプ氏と一緒にゴルフをプレイする特典に応募が可能となっていた。

また「コレクト・トランプ・カード」コレクションのカードは、投資目的ではなく個人で楽しむ為の収集品として展開されているとのこと。

関連ニュース

参考:コレクト・トランプ・カード
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored