ドナルド・トランプ氏の公式トレーディングカードNFT「Collect Trump Cards」が完売

トランプ氏の公式トレーディングカードNFT完売

米前大統領ドナルド・トランプ氏初の公式デジタルトレーディングカードとなるNFTコレクション「コレクト・トランプ・カード(Collect Trump Cards)」が12月15日リリースされた。

このNFTコレクションはすでに完売したようで、同コレクションの公式ツイッターが販売開始から約14時間経過した16日15:00頃(日本時間)に売り切れを報告している。

なお「コレクト・トランプ・カード」のトレーディングカードNFTは、専用プラットフォーム「Collect Trump Cards.com」で販売された。購入者はトランプ氏と直接会って話す特典や、トランプ氏と一緒にゴルフをプレイする特典に応募が可能となっている。

同コレクションの1人あたりのNFT購入数は100個までとなっており、NFT1個につき応募は1回とのこと。

またトレーディングカードNFTを45枚購入したユーザーには、南フロリダで開催されるトランプ氏とのディナーに参加できる特典の付与が保証されるという。

「コレクト・トランプ・カード」はトランプ氏がヒーローやレーサー、宇宙飛行士などのイラストになったトレーディングカードで、各NFTは最大でも20個まで発行されているとのこと。

なお「コレクト・トランプ・カード」は、ポリゴン(Polygon)ブロックチェーン上で合計45,000NFTが発行されており、44,000NFTが「Collect Trump Cards.com」で販売されていた。また各カードは99ドルで販売され、決済はWETH(Wrapped Ether)またはクレジットカードが対応している。

関連ニュース

トランプ前大統領、ビットコインを「スキャムのようだ」と批判

参考:Collect Trump Cards.com
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した