Magic Eden、クロスチェーン報酬プログラム及びオープンソース化を発表

Magic Edenが報酬プログラムとオープンソース化を発表

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、クロスチェーン報酬プログラム「マジックエデンリワード(Magic Eden Rewards)」及び、プロトコルのオープンソース化を1月23日発表した。

クロスチェーン報酬プログラム「マジックエデンリワード」は、「マジックエデン」のコレクターやトレーダー、クリエイターに対して「ダイヤモンド」と呼ばれる同プログラム内で設計された報酬が還元されるシステムだ。

「ダイヤモンド」の具体的な用途については明かされていないが、マジックエデンの基盤ブロックチェーンであるソラナ(Solana)だけでなく、イーサリアム(Ethereum)やビットコイン(Bitcoin)、ポリゴン(Polygon)でマジックエデンに貢献したユーザーにも「ダイヤモンド」が与えられるとのこと。

「ダイヤモンド」を取得する為には、昨年11月よりベータ版として公開されているクロスチェーンセルフカストディウォレット「マジックエデンウォレット(Magic Eden Wallet)」が必要とのこと。なお今月末に同ウォレットのブラウザ版が一般公開されるようだ(現在はβ版が公開中)。

ちなみに「マジックエデンウォレット」は、ソラナ、イーサリアム、ポリゴン、ビットコインオーディナルズ上のNFTを収集できる、「マジックエデン」に直接統合された初のデジタルウォレットとなっている。

またマジックエデンは、NFTコミュニティの規模が今後数年間で急増すると考えており、現在50億人いるインターネットユーザーのうち99%以上がNFTを所有したことがないと発表にて説明している。

そこでマジックエデンはそのギャップを埋める為、「マジックエデンリワード」と並行して、全てのNFTの取引およびミント(鋳造/発行)に関するプロトコルを「ノンファンジブルダオ(Non-Fungible DAO)」にてオープンソース化したとのこと。

「ノンファンジブルダオ」では、NFT関連の独自開発されたスマートコントラクトやソラナ、イーサリアム、ビットコイン、ポリゴン上のオープンソースプロトコルを管理している。

また「ノンファンジブルダオ」では、「NFT」と呼ばれるトークンが発行される予定だ。

同トークンは「ノンファンジブルダオ」が管理しているプロトコルを使用したコミュニティメンバーが獲得できるという。なお現地点では「NFT」の発行日やエアドロップの日程については未定となっている。なお「NFT」が供給された際は殆どの「NFT」が「ノンファンジブルダオ」コミュニティに割り当てられるとのことだ。

関連ニュース

参考:マジックエデン
images:iStocks/Vit_Mar・PerlaStudio・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない