ジャックドーシー支援のBTCマイニングプール「オーシャン」、ブロックテンプレートポリシー導入へ

「オーシャン」がブロックテンプレートポリシーを導入

ムーモリン(Mummolin)提供のビットコイン(BTC)の分散型マイニングプール「オーシャン(OCEAN)」の新バージョンのリリースが12月21日発表された。

ムーモリンは「オーシャン」のブロックテンプレートポリシーを変更。新バージョンでは、いくつかのブロックテンプレートオプションを導入できるとのことだ。

ムーモリンによると、ブロックテンプレートポリシーの変更により「オーシャン」マイニングプールはスパムトランザクションをフィルタリングするか、フィルタリングせずにビットコインコアの実装のまま稼働するかの選択が可能になるとのこと。

これまで「オーシャン」ではビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコル「オーディナルズ(Ordinals)」などをフィルタリングしていた。

しかし今回の変更により、追加の手数料を支払うことで「オーディナルズ」によるインスクリプションを含んだトランザクションのフィルタリングをオフにすることが可能になった。

「オーディナルズ」は2021年11月に実施されたアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て実現した。「オーディナルズ」を利用することでビットコインネットワーク上にトークンやNFT(非代替性トークン)を作成できる。

このトークン規格はその特性上ビットコインネットワークを混雑させてしまうため、ビットコインネットワークの手数料の過剰な高騰や、取引速度低下をさせてしまう問題を抱えている。

そのためビットコインネットワークの主要なノードクライアント実装である「ビットコインコア」の開発者の一人であるルーク・ダッシュジュニア(Luke Dashjr)氏はこれに対し、スパム攻撃であるという見方を示しており、同氏のX(旧ツイッター)アカウントにて次回のバージョンの実装までに修正を行う見通しを述べている。

なおムーモリンは11月、シードラウンドにて620万ドルを調達。このラウンドには、元ツイッター(Twitter)CEOでビットコイン(BTC)支持者のジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が参加している。

関連ニュース

参考:ムーモリン
images:iStocks/www.fotogestoeber.de

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ