ジャックドーシー、ビットコイン分散型マイニングプール「OCEAN」に出資

ジャックドーシーがOCEANに出資

元ツイッター(Twitter)CEOでビットコイン(BTC)支持者のジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏が、BTCの分散型マイニングプール「オーシャン(OCEAN)」を手掛けるムーモリン(Mummolin)へ出資した。

ムーモリンは11月28日、シードラウンドにて620万ドルを調達したことを発表。ドーシー氏の他、アカンポリス(Accomplice)、ベアフット・ビットコイン・ファンド(Barefoot Bitcoin Fund)、ムーンカイト(MoonKite)、ニューレイヤー・キャピタル(NewLayer Capital)、ビットコイン・オポチュニティ・ファンド(Bitcoin Opportunity Fund)やその他戦略パートナーが出資参加したとのこと。

「オーシャン」は、ビットコインのプールマイニングの透明性を高めることを使命としており、ユーザーがマイニング報酬をプール管理者からでなくビットコインネットワークから直接得られるようになっている。なお「オーシャン」はムーモリンの子会社ビットコインオーシャン(Bitcoin Ocea)によって運営されており、ウェブサイトによると10月31日より稼働を開始したようだ。

ムーモリンの共同創業者であるマーク・アルティムコ(Mark Artymko)氏は「従来のビットコインマイニングプールは、ブロック報酬と取引手数料を独占的に預かってからマイナーに分配している。そのため、自らの選択であれ法的要件であれ、個々のマイナーからの支払いを保留できる。OCEANのノンカストディアル型の支払いは、ブロック報酬から直接マイナーに支払われるため、このようなリスクと、プールがマイナーに与える不当な影響力を取り除くことができます」とリリースにてコメントしている。

またドーシー氏は「OCEANは、ビットコインを苦しめる可能性のあるプールやマイニングプールのさらなる中央集権化、そしてそれが、私たちが大切にしているビットコインの属性の束をどのように危険にさらすかという、私たち全員が感じていると思うビットコイナーにとっての問題を解決している」とリリースにて述べている。

発表によるとOCEANは、ビットコイン分散化の改善とアップグレードの追加段階を2024年に開始する予定とのことだ。

関連ニュース

参考:Mummolin
images:iStocks/Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した