米SEC、ブラックロック・ヴァルキリー・ビットワイズ申請の現物ビットコインETF承認判断を再度延期

承認判断延期を発表

米証券取引委員会(SEC)が、現在申請中の複数の現物ビットコインETFの承認判断を延期すると9月28日発表した。

発表によれば対象となるのは、暗号資産ファンドマネージャーのヴァルキリーファンド(Valkyrie Funds)の「ヴァルキリービットコインファンド(Valkyrie Bitcoin Fund)」、米大手資産運用会社ブラックロック(BlackRock)の現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust)」、米資産運用企業のインベスコ(Invesco)の「インベスコ・ギャラクシー・ビットコインETF(Invesco Galaxy Bitcoin ETF)」の3つのETFだ。

SECは申請されている現物ビットコインETFを承認すべきか否か判断するため、追加手続きを開始するという。

SECは「提案されている規則変更によって提起された法的・政策的問題を考慮すると、現時点での手続き開始は適切」とし、「手続きの開始は、委員会が関係する問題に関して何らかの結論に達したことを示すものではない」と続けている。

繰り返される承認判断延期

SECによる現物ビットコインETFの承認判断延期についての動きはここ最近話題になっている。

8月31日にはSECが、ブラックロック(BlackRock)、フィデリティ(Fidelity)、ビットワイズ(Bitwise)、ヴァンエック(VanEck)、ウィズダムツリー(WisdomTree)、インベスコ(Invesco)、ヴァルキリー(Valkyrie)の7社の現物ビットコインETFの承認判断を延期したと米web3メディアThe Blockが報じた。

SECは9月26日にもアーク・インベストメント・マネジメント(ARK Investment Management)申請の現物ビットコインETF「ARK 21Shares Bitcoin ETF」の承認可否を延長している。

関連ニュース

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Foryou13

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した