Visa、イーサリアムのガス代をカード払い可能にする実験実施

Visaがカードでのガス代支払い実験を開始

米決済大手ビザ(Visa)が、イーサリアム(Ethereum)のガス代「ETH」を、クレジットカード使用による法定通貨での支払いを可能にするための実験を行っていることを同社の技術記事によって公開した。

その記事によるとビザは、既にガス代をクレジットカードで支払い可能にするためのテストは完了しているという。

イーサリアムおよび多くのブロックチェーンでの取引を行うためには、通常、ガス代金と呼ばれるネットワーク手数料を支払う必要がある。そのため、利用するブロックチェーンネットワークのガス代となるネイティブトークンを保有しておく必要があるなど、一般のユーザーにとって複雑な仕組みになっている(記事内での例:USDCを送金するためにETHの残高を保有しなければならない)。

ビザは、この複雑さの回避と法定通貨でのガス代支払いの方法として、「アカウント抽象化(AA:Account Abstraction)」を実装する標準規格ERC-4337と、ガス代に支払いを代わりに行うスマートコントラクト「ペイマスター」の組み合わせを提案している。

「アカウント抽象化」とは、一般的に利用されるアドレスであるEOA(Externally Owned Accounts)のようにスマートコントラクトを直接操作できるようにする実装のこと。

「アカウント抽象化」を利用するとユーザーは、ガス代を任意のトークンで支払うことや、簡単に複数の端末でアドレスを共有できるなど多くの利点がある。

なお記事によると、ビザはオープンソースのライブラリを使用するなどして、実験をイーサリアムのテストネット「ゴエリ(Goerli)」で成功させたとのことだ。

ビザはこれまでにもブロックチェーン上での決済サービスに関する実験を行ってきた。5月には「アカウント抽象化」を用いて「ゴエリ」上でステーブルコインなどのERC-20トークンでガス代を支払い可能にする実験を行っていることが分かっている。

関連ニュース

参考:ビザ
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催