Visa、イーサリアムの「Goerli」テストネットでアカウント抽象化の実験開始

VisaがGoerliでアカウント抽象化の実験を開始

米決済大手ビザ(Visa)が、イーサリアム(Ethereum)のテストネットの一つ「Goerli(ゴエリ)」で「アカウント抽象化(Account Abstraction)」機能を搭載したスマートコントラクトの実験を行っていたことが、5月18日のTheBlockの報道により分かった。

ビザは、このテストの詳細についてレポートで説明している。

そのレポートによると、同社は現在「アカウント抽象化」の利用により、ステーブルコインなどのERC-20トークンを手数料として利用できるように「Goerli」上でスマートコントラクトのテストを実施しているという。

なお同社は2022年12月にブログで「アカウント抽象化」について触れており、「ビザの提案は、自動支払いなどの馴染みのある支払い体験をブロックチェーンエコシステムにもたらすのに役立つ可能性があります」と語っている。

「アカウント抽象化」とは、一般的に利用されるアドレスであるEOA(Externally Owned Accounts)からスマートコントラクトを直接操作できるようにする概念である。「アカウント抽象化」を利用するとユーザーは、ガス代を任意のトークンで支払ったり、簡単に複数の端末でアドレスを共有できるなど多くの利点がある。

「アカウント抽象化」の概念自体は古くから提唱されているが、これを実現するためにはイーサリアムのプロトコル自体を変更する必要があると言われてきた。

しかし、2021年9月にプロトコルの変更を必要としない「アカウント抽象化」の実装規格「ERC-4337」が提案された。この規格は現在でもドラフト中であり完全版でないものの、コミュニティにより改良が続けられている。

ビザは以前からブロックチェーン分野に注力しており、暗号資産部門「Visa Crypto」が存在する。また同社は2月に暗号資産決済プラットフォーム提供のワイレックス(Wirex)との戦略的パートナーシップ締結している。

関連ニュース

参考:VISA
デザイン:一本寿和
images:iStocks/hatchapong

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored