イーサリアムでビーコンチェーンのファイナリティ問題発生、パッチはリリース済み

イーサリアムのビーコンチェーンで不具合、パッチ公開済み

イーサリアム(Ethereum)のビーコンチェーンでファイナリティ問題が5月12日に発生した。すでにこの状態から回復しており、現在は問題に対応したパッチが公開されている。

ビーコンチェーンは、イーサリアムのプルーフオブステーク(Proof of Stake)型のコンセンサス(合意)の実現を担うレイヤーであり、イーサリアム2.0を実装するため構築された。

今回発生した問題は、このビーコンチェーンでのブロック生成メカニズムにおけるファイナライズ(仕上げ作業)がうまく行われないというものだった。この問題は24時間のうちに2回起こり、1回目は25分、2回目は1時間以上ブロック生成の仕上げ作業が停止された。

なおこの問題によってトランザクション自体が停止しているわけではなかったという。実行レイヤー(execution layer)での検証は通常通り実行されていたため、エンドユーザーのチェーン上での活動に対して悪影響を与えたというわけではないことが分かっている。

またこの不具合の原因は、ある状況下でビーコンチェーンのノードのリソース利用率が高くなってしまうことであると分かっている。現在ビーコンチェーンの処理をするクライアントである「プリズム(Prysm)」と「テク(Teku)」用に今回の問題に対するパッチが配信されている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/NatalyaBurova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した