EY、イーサリアムベースのCO2排出量追跡プラットフォーム「EY OpsChain ESG」β版を提供開始

EYがイーサリアムベースの「EY OpsChain ESG」β版を提供開始

4大監査法人の1社であるEYが、CO2排出量追跡プラットフォーム「EY OpsChain ESG」ベータ版の提供開始を5月10日発表した。

同プラットフォームは、イーサリアムブロックチェーン上に開発されており、EYブロックチェーンSaaSプラットフォーム上で利用可能になっているという。

「EY OpsChain ESG」では、CO2排出量(CO2e)の検証可能な単一のビューを提供することで、カーボンフットプリントを正確に測定・追跡することに苦労している企業のニーズに対応するとのこと。

また消費者、ビジネスパートナー、規制当局が求める透明性を、「トークン化を利用したエコシステム内の排出量」と「カーボンクレジットのトレーサビリティのためのプラットフォーム」を通じて提供するという。

なお「EY OpsChain ESG」は、排出量をトークン化するための業界認定プログラム「InterWork Alliance for Carbon Emissions Tokens」の基準に基づいて構築されているとのことだ。

EYは「このソリューションにより、企業は脱炭素化に伴う環境負荷の低減に使用したカーボンオフセットの真正性を証明できる」と述べている。

EYのグローバルブロックチェーンリーダーであるポール・ブロディ(Paul Brody)氏は「詳細なトレーサビリティにより、炭素排出量を特定の製品出力に関連付ける機能を含むトークン化を通じて、排出量目録を追跡することができます。炭素クレジットのトークンを使用することで、企業は脱炭素化に向けた行動の両方を可視化できるようになりました」とコメントしている。

EYは昨年5月、イーサリアムブロックチェーンを活用したサプライチェーンのトレーサビリティマネジメントソリューション「EY OpsChain Supply Chain Manager」のベータ版の提供を開始している。

一般的に企業向けのブロックチェーンを活用したトレーサビリティサービスは、プライベート/コンソーシアムブロックチェーンで開発されることが多いが、「EY OpsChain Supply Chain Manager」では、パブリックブロックチェーンに対応して、商品のトレーサビリティおよび在庫の管理・分析を行っている。

なおこのソリューションは、EYとポリゴン(Polygon)が協働で開発するプライバシーに焦点をあてたイーサリアムバーチャルマシン(EVM)互換のプロダクトである「Polygon Nightfall」上で開発されている。EYとポリゴンは2021年9月より協業を開始している。

関連ニュース

参考:EY
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BalkansCat

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み