アート分割投資のフリーポート、ウォーホル作品を証券トークンに

ウォーホル氏の名画をトークン活用で分割所有

美術品分割投資プラットフォームのフリーポート(Freeport)が、間もなくアンディ・ウォーホル(Andy Warhol)氏の作品4点をセキュリティトークン(ST/デジタル証券)として提供すると発表した。

フリーポートはイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上で発行するSTの形で美術品の株式を分有するという。このプラットフォームの最初のコレクションとして、ウォーホル氏の版画4点をトークン化するとのこと。なおフリーポートは同コレクションのプラットフォームの立ち上げに先立ち、米証券取引委員会(SEC)による規制A審査を完了したことも発表している。

今回のローンチコレクションの4点は、アートコレクターであり、ウォーホル氏の初代ミューズ(デザイナーにインスピレーションを与える存在)でもあるジェーン・ホルザー(Jane Holzer)氏より「一部譲り受けた」ものだという。

対象となる4作品は「マリリン(Marilyn)」(1967年)、「ダブルミッキー(Double Mickey)」(1981年)、「ミック・ジャガー(Mick Jagger)」(1975年)、「理由なき反抗(ジェームス・ディーン)(Rebel Without a Cause [James Dean])」(1985年)で、各作品は10,000株で構成され、1人あたり10株から購入が可能だ。

コレクションは5月に発売される予定で、すでにウェイティングリストが準備されている。なおウェイティングリストのメンバーは、一般提供に先立ってアクセスが可能とのことだ。

コレクションのウェブサイトによるとトークン化された各ロットの販売開始価格は、250ドル(約33,271円)~860ドル(約11万4,453円)だ。

フリーポートのCEO兼共同創業者であるコリン・ジョンソン(Colin Johnson)氏は、「より多くの価値がオンチェーンに移行するにつれ、分数化された美術品は、若く、財政的な自由度の低い投資家層からより求められている。私たちのプラットフォームは、単に美術品の株をセキュリティトークンに分数化するだけにとどまらず、美術品中心のコミュニティを形成し、完全没入型のインタラクティブなプラットフォームを構築し、分数化された美術品を取り巻く所有体験を再定義している」とコメントしている。

ウォーホル作品のトークン化

ウォーホル氏の作品は過去にもトークン化されている。

昨年11月にはスイスのデジタル銀行シグナム(Sygnum)と、アート投資企業アルテムンディ(Artemundi)が提携し、ウォーホル氏のアートワーク『Four Marilyns(Reverseal):フォーマリリン(反転シリーズ)』のセキュリティトークン化を行っていた。

関連ニュース

参考:プレスリリースフリーポート
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock・scanrail

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ