エルミタージュ美術館所蔵のゴッホやモネの絵画がNFTに、バイナンスNFTでオークション

バイナンスNFTでゴッホやモネの絵画NFTがオークション

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が運営するNFTマーケットプレイスBinanceNFT(バイナンスNFT)で、ロシアのエルミタージュ美術館が所蔵する美術作品がNFT化されオークション販売されることが8月30日発表された。

このオークションイベントのNFTには、レオナルド・ダ・ヴィンチの『マドンナと子供(リッタマドンナ)』、ジョルジョーネの『ユディト(Judith)』、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ライラックの木』、ワシリー・カンディンスキーの『コンポジションVI』、クロード・モネの『モンジュロンの庭の片隅』の計5作品が出品される。

各NFTの開始入札額は10,000Binance USD(BUSD):約110万円となっている。

これらの作品について各2枚ずつNFTがミント(鋳造)され、1枚はエルミタージュ美術館に保管、もう1枚がBinanceNFTにてオークション出品されるという。

また各NFTはエルミタージュ美術館のミハイル・ピオトロフスキー(Mikhail Piotrovsky)総支配人によって署名が行われるとのことだ。

なお署名については実際にサインをする様子が動画としてNFTに記録され、作品と共に落札者へ納品されるようだ。

関連ニュース

ゴッホやモネなど所蔵作品をNFT化し販売、世界遺産エルミタージュ美術館とバイナンス 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/IKvyatkovskaya

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。