エルミタージュ美術館所蔵のゴッホやモネの絵画がNFTに、バイナンスNFTでオークション

バイナンスNFTでゴッホやモネの絵画NFTがオークション

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が運営するNFTマーケットプレイスBinanceNFT(バイナンスNFT)で、ロシアのエルミタージュ美術館が所蔵する美術作品がNFT化されオークション販売されることが8月30日発表された。

このオークションイベントのNFTには、レオナルド・ダ・ヴィンチの『マドンナと子供(リッタマドンナ)』、ジョルジョーネの『ユディト(Judith)』、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ライラックの木』、ワシリー・カンディンスキーの『コンポジションVI』、クロード・モネの『モンジュロンの庭の片隅』の計5作品が出品される。

各NFTの開始入札額は10,000Binance USD(BUSD):約110万円となっている。

これらの作品について各2枚ずつNFTがミント(鋳造)され、1枚はエルミタージュ美術館に保管、もう1枚がBinanceNFTにてオークション出品されるという。

また各NFTはエルミタージュ美術館のミハイル・ピオトロフスキー(Mikhail Piotrovsky)総支配人によって署名が行われるとのことだ。

なお署名については実際にサインをする様子が動画としてNFTに記録され、作品と共に落札者へ納品されるようだ。

関連ニュース

ゴッホやモネなど所蔵作品をNFT化し販売、世界遺産エルミタージュ美術館とバイナンス 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/IKvyatkovskaya

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored