エルミタージュ美術館所蔵のゴッホやモネの絵画がNFTに、バイナンスNFTでオークション

バイナンスNFTでゴッホやモネの絵画NFTがオークション

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が運営するNFTマーケットプレイスBinanceNFT(バイナンスNFT)で、ロシアのエルミタージュ美術館が所蔵する美術作品がNFT化されオークション販売されることが8月30日発表された。

このオークションイベントのNFTには、レオナルド・ダ・ヴィンチの『マドンナと子供(リッタマドンナ)』、ジョルジョーネの『ユディト(Judith)』、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの『ライラックの木』、ワシリー・カンディンスキーの『コンポジションVI』、クロード・モネの『モンジュロンの庭の片隅』の計5作品が出品される。

各NFTの開始入札額は10,000Binance USD(BUSD):約110万円となっている。

これらの作品について各2枚ずつNFTがミント(鋳造)され、1枚はエルミタージュ美術館に保管、もう1枚がBinanceNFTにてオークション出品されるという。

また各NFTはエルミタージュ美術館のミハイル・ピオトロフスキー(Mikhail Piotrovsky)総支配人によって署名が行われるとのことだ。

なお署名については実際にサインをする様子が動画としてNFTに記録され、作品と共に落札者へ納品されるようだ。

関連ニュース

ゴッホやモネなど所蔵作品をNFT化し販売、世界遺産エルミタージュ美術館とバイナンス 

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/IKvyatkovskaya

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表