BABYMETAL、第2弾NFTトレカを数量限定で販売へ

BABYMETAL、第2弾NFTトレカを数量限定で販売へ

アーティスト「BABYMETAL(ベビーメタル)」の限定NFTトレーディングカード「10 BABYMETAL BUDOKAN」が新たに販売されることが8月31日発表された。「BABYMETAL」は5月に初のNFTを販売しており、今回はNFT販売第2弾となる。なお第1弾のNFTは販売後わずか数分にて完売した。

このNFTトレーディングカードは、前作と同様にWAXのブロックチェーンを使用し、アメリカの特設サイトにて9月10日AM 0:00(日本時間)より販売される。WAXではこれまで「カプコンUSA」と提携し人気格闘ゲーム「ストリートファイター」のNFTや、「ゴジラ」のNFTなどを販売した実績のあるマーケットプレイスだ。

なおこのNFTはクレジットカードもしくは、PayPalで購入することが可能だが、NFTの購入・受け取りにはWAXウォレットのアカウントを作成する必要があるとのこと。

BABYMETALの新作のNFTトレーディングカードは2バージョンで、全20枚からなり、COMMON、RARE、SUPER RAREの3段階のレア度に分けて発売される。カードにはBABYMETAL結成10周年を記念して、今年1月から4月にかけて開催された日本武道館10公演「10 BABYMETAL BUDOKAN」のライブ写真がデザインされるとのこと。

販売方法としては、5枚組のNFTトレーディングカードのセットがUSD$35(約3,900円)で2,500セットの数量限定、そしてMECHAPACKバンドルと呼ばれる15枚組のNFTトレーディングカードに加え、限定のライブアルバム「10 BABYMETAL BUDOKAN」ゴールドヴァイナルのアナログ盤が付属する特別仕様のセットが、USD$125(約14,000円)で1,000セット数量限定発売となる。

なお付属のライブアルバム「10 BABYMETAL BUDOKAN」には、日本武道館10公演の最終日となった4月公演の13曲が収録されるとのこと。

またNFTのミンティング(鋳造)・配布は9月15日AM 2:00(日本時間)から開始され、注文日時に応じてミント番号と配布順番が決まるとのことだ。

5月に「BABYMETAL」が販売した第一弾のNFTでは「BABYMETAL」の10年間の活動を表現した「METAL RESISTANCE全10章」の各章を象徴するデザインからなる全10種類のトレーディングカードに加え、ベストアルバム「10 BABYMETAL YEARS」のゴールドヴァイナルのアナログ盤が付属する特別仕様として1,000セットの数量限定で100ドルにて販売された。

なお「BABYMETAL」が所属する株式会社アミューズでは、所属アーティストである「Perfume(パフューム)」のNFTも販売の実績もある。8月16日から28日にかけて、「Perfume」のNFTアート第2弾も販売が実施されていた。

「BABYMETAL」は前述したように、NFTを現物のライブアルバムとセットにて数量限定で主に海外向けに販売をする手法を取っている。

一方で「Perfume」はオークション形式にて「Perfume」のLIVE映像演出制作チームとして参加するライゾマティクスが制作した作品を1パターン1作品のごくわずかな数量で販売。販売もライゾマティクス独自のNFTアートのマーケットプレイス「NFT Experiment」にて行われている。

なお「Perfume」のNFTアート第1弾『Imaginary Museum “Time Warp” Reconstruction』は20,000MATIC(約325万円)で落札されている。第2弾は7パターン販売されたがその中で『Imaginary Museum “Time Warp” GLITTER (wire ver.)』が6,000MATIC(約86万円)で7作品中最も高額で落札された。

関連リンク

特設サイト:http://babymetal.cards

関連ニュース

BABYMETALのNFTトレカ、数分で即完売 

BABYMETAL、NFTトレーディングカード発売へ 

Perfumeが初のNFTアートをリリース、11日21時より競売 

Perfume初のNFT作品、約325万円で落札 

Perfume、NFTアート第2弾を16日より販売 

参考:BABYMETAL

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。