Perfume、NFTアート第2弾を16日より販売

Perfume、NFTアート第2弾を16日より販売

Perfumeが第2弾の新作NFTアートをリリースすることを8月14日発表した。今回のNFT作品は全7作で、8月16日から28日まで毎日21:00に順次リリースする。

今回Perfumeが販売するのは前回と同じNetflixで配信中のパフォーマンス「Imaginary Museum “Time Warp”」で使用したデータを元に制作される「Imaginary Museum “Time Warp”(イマジナリーミュージアム “タイムワープ” )」シリーズの新作だ。なお本作は8月14と15日Perfume LIVE 2021 [polygon wave]に映像演出制作チームとして参加するライゾマティクスが関わる7つのバリエーションからなる作品とのことだ。

また発表によると、NFT作品はPolygon(ポリゴン)を採用し、ライゾマティクス独自のNFTアートのマーケットプレイス「NFT Experiment」でリリースされる。

「NFT Experiment」の販売ページによると、入札開始額は現在のレートで100MATICとなっていて、日本円にすると約16,000円となる。

関連ニュース

Perfumeが初のNFTアートをリリース、6月11日21時より競売

参考:Perfume NFT

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。