【取材】NFT開発インフラ提供のHokusai、ポリゴンテストネット対応(日本モノバンドルCEO原沢陽水)

NFT開発インフラ提供のHokusai、ポリゴンテストネット対応

NFT開発インフラ提供の日本モノバンドル株式会社が「Hokusai API」のポリゴンテストネット(Polygon Testnet)への対応を開始したことを8月16日に発表した。

日本モノバンドルの提供する「Hokusai API」はNFTに関する機能を自らのウェブサイトに簡単に組み込むことができる「Embedded NFTサービス」だ。現在同社とパートナー関係にあるNFTマーケットプレイスなどが今後「Hokusai API」の導入を予定しているとのことだ。

「Hokusai API」が今回ポリゴンへ対応した理由は、ポリゴン上で様々なプロジェクトが立ち上がっており、ユーザーにとってNFTにより安価に気軽に触れるための重要な役割を担っているからとのことだ。

今後「Hokusai API」はポリゴンのメインネットでもローンチする予定で、イーサリアムやその他サイドチェーンやレイヤー2にも対応していくとのことだ。

あたらしい経済編集部は日本モノバンドル株式会社CEOの原沢陽水氏へ取材を行った。

日本モノバンドルCEOの原沢陽水氏へ取材

−WebエンジニアがNFT開発を行えるようになるメリットは、どのようなものでしょうか?

メリットは、Solidityを使ってコントラクトを書かずとも、NFTの実装ができるようになることです。コントラクトを書くコストがほとんどなくなるため、プログラマブルNFTなども作りやすくなります。

ちなみにプログラマブルNFTとは、時間帯に応じて画像の状態が変わるNFTや、なにかアクションを起こすとキャラクターNFTに変化が起こる、といったもののことです。具体例で言うとSam SatoのNFTですが、時間が経過するとどんどん髪が伸びていく、というものがありました。

参考:Hokusai API
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行