【取材】NFT開発インフラ提供のHokusai、ポリゴンテストネット対応(日本モノバンドルCEO原沢陽水)

NFT開発インフラ提供のHokusai、ポリゴンテストネット対応

NFT開発インフラ提供の日本モノバンドル株式会社が「Hokusai API」のポリゴンテストネット(Polygon Testnet)への対応を開始したことを8月16日に発表した。

日本モノバンドルの提供する「Hokusai API」はNFTに関する機能を自らのウェブサイトに簡単に組み込むことができる「Embedded NFTサービス」だ。現在同社とパートナー関係にあるNFTマーケットプレイスなどが今後「Hokusai API」の導入を予定しているとのことだ。

「Hokusai API」が今回ポリゴンへ対応した理由は、ポリゴン上で様々なプロジェクトが立ち上がっており、ユーザーにとってNFTにより安価に気軽に触れるための重要な役割を担っているからとのことだ。

今後「Hokusai API」はポリゴンのメインネットでもローンチする予定で、イーサリアムやその他サイドチェーンやレイヤー2にも対応していくとのことだ。

あたらしい経済編集部は日本モノバンドル株式会社CEOの原沢陽水氏へ取材を行った。

日本モノバンドルCEOの原沢陽水氏へ取材

−WebエンジニアがNFT開発を行えるようになるメリットは、どのようなものでしょうか?

メリットは、Solidityを使ってコントラクトを書かずとも、NFTの実装ができるようになることです。コントラクトを書くコストがほとんどなくなるため、プログラマブルNFTなども作りやすくなります。

ちなみにプログラマブルNFTとは、時間帯に応じて画像の状態が変わるNFTや、なにかアクションを起こすとキャラクターNFTに変化が起こる、といったもののことです。具体例で言うとSam SatoのNFTですが、時間が経過するとどんどん髪が伸びていく、というものがありました。

参考:Hokusai API
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。